【特別企画】

マルチハイパーバイザ環境が実現するコスト削減と信頼性の向上

[2013/03/06 09:31] ブックマーク ブックマーク

仮想化

日本アイ・ビー・エム株式会社 Systems & Technology エバンジェリスト -Linux/OSS- 新井真一郎氏

オープンソースのLinuxカーネル仮想化基盤「KVM(Kernel-based Virtual Machine)」の活用に注目が集まっている。IBMが提案するのは、同仮想化基盤への移行に加えて、VMwareなど既存の仮想化環境と共存させて仮想マシンの可用性向上やDR(災害対策)システムの構築などを図る「マルチハイパーバイザ」環境である。2月6日に開催された「マイナビニュース仮想化セミナー【Day1】コスト削減とリスクヘッジを実現する今後の仮想化環境 ~Red HatとIBMが提供するローリスクなOSSの活用~」に登壇した日本アイ・ビー・エム株式会社 Systems & Technology エバンジェリスト -Linux/OSS- の新井真一郎氏は、KVMの特徴やマルチハイパーバイザ環境が企業にもたらすメリットについて説明した。

既存の仮想化基盤を代替できるKVM/RHEV

「コストメリットやパフォーマンスの高さなどから、既存の仮想化環境をKVMに移行したいと考える企業が増えているが、容易には行かないのが実情だ。このセッションでは、そうした企業に有用な解決策を示せればと思う」とセッションの冒頭新井氏はこのように語り、「VMware vSphere」や「Hyper-V」、「XenServer」といった主要なサーバ仮想化プラットフォームからの移行にあたって重要となる観点を説明した。

移行を検討しているユーザーにとって最も気になるのは、KVMが既存のOSをサポートしているのかどうかである。KVMをベースとするRed Hat Enterprise Virtualization(RHEV)の現行バージョン3.1では、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)の3~6はもちろん、Windows Server 2008(64ビット版のみ)、Windows Server 2003 Service Pack 2、Windows 7、Windows XP Service Pack 3(32ビット版のみ)を正式にサポートしている。

なお、昨年にリリースされたWindows Server 2012については・・・

<続きはPDFで ⇒ ダウンロードはこちら

マルチハイパーバイザ環境が実現するコスト削減と信頼性の向上の記事全文&講演資料PDF無償配布中


本稿で紹介している、日本アイ・ビー・エム株式会社 Systems & Technology エバンジェリスト -Linux/OSS- 新井真一郎氏の講演内容レポート記事全文&講演資料のPDFを無償で配布しています。オープンソースのLinuxカーネル仮想化基盤「KVM」に注目が集まっている理由とは?KVMの特徴やマルチハイパーバイザ環境が企業にもたらすメリットを確認したい方々に、ぜひご一読をお勧めします。

 ⇒PDFダウンロード

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
373
2
マルチハイパーバイザ環境が実現するコスト削減と信頼性の向上
2017-09-20 11:19:21
オープンソースのLinuxカーネル仮想化基盤「KVM(Kernel-based Virtual Machine)」の活用に注目が集まっている。IBMが提案するのは、同仮想化基盤への移行に加えて、VMwareなど既存の仮想化環境と共存させて仮想マシンの可用性向上やDR(災害対策)システムの構築などを図る「マルチハイパーバイザ」環境である。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2013-03-06-001-index.top.jpg
オープンソースのLinuxカーネル仮想化基盤「KVM(Kernel-based Virtual Machine)」の活用に注目が集まっている。IBMが提案するのは、同仮想化基盤への移行に加えて、VMwareなど既存の仮想化環境と共存させて仮想マシンの可用性向上やDR(災害対策)システムの構築などを図る「マルチハイパーバイザ」環境である。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る