【特別企画】

VMwareのエキスパートが伝授! データの可用性を実現するベスト・プラクティス10選

[2017/03/14 08:00] ブックマーク ブックマーク

仮想化

仮想マシン(VM)をバックアップするのは簡単に思えるが、実際は思っているよりも難しい。物理サーバーの場合は非常にシンプルで、エージェントをサーバーにインストールして、バックアップ・スケジュールに追加するだけ。ただし、VMを効率よくバックアップするには、仮想環境専用に設計された手法と機能を使用する必要がある。

VMを物理サーバーと同じように扱うと、VMのバックアップ時とリストア時にリソースが無駄に消費され、バックアップ・ウィンドウが必要以上に長くなってしまう。仮想化はデータセンターを一変させてくれるが、実装後、その利点と固有のアーキテクチャを活用するには、方法と手順の変更が必要なのだ。

プロが教える、仮想環境でデータの可用性の実現に役立つ情報ベスト10

仮想化アーキテクチャは、サーバーのバックアップと復元に数多くの利点を提供する。その一つがバックアップと復元の簡素化・効率化だ。このためサーバーをバックアップするのに使用していた従来の手法も変わることになる。また、バックアップ、VMのリストア、および災害復旧(DR)において、柔軟性の向上も見込める。

本稿で提供するPDFでは、仮想環境でバックアップと復元を実行するのに役立つ10項目を紹介している。執筆したのは、25年以上に渡ってIT業界に従事し、数多くの講演、著作、ブログを行い、仮想化には2005年から重点的に携わっているベテラン”Eric Siebert”。2009年のプログラム開始以降、VMware vExpertとして毎年表彰もされている。仮想環境のバックアップ、可用性の実現に関して課題を抱えている企業の方には、ぜひダウンロードして有効活用していただきたい。


仮想環境でバックアップと復元を実行するのに役立つ10項目の一部

1 バックアップをVMwareインフラストラクチャ・レベルで実行する
2 3-2-1ルールに従い、VMと重要なデータの安全性を維持する
3 バックアップ・データを保護し、データ損失を防ぐ
4 ポリシー・ベースの制御による洗練されたデータ保護
5 vSphereの新しい機能とアーキテクチャがデータ保護に及ぼす影響を把握する

これらの詳細やその他の項目を確認したい方はぜひダウンロードしてほしい。

(マイナビニュース広告企画:提供 ヴィーム・ソフトウェア)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
2524
2
VMwareのエキスパートが伝授! データの可用性を実現するベスト・プラクティス10選
2017-03-14 08:11:03
仮想マシン(VM)をバックアップするのは簡単に思えるが、実際は思っているよりも難しい。物理サーバーの場合は非常にシンプルで、エージェントをサーバーにインストールして、バックアップ・スケジュールに追加するだけ。ただし、VMを効率よくバックアップするには、仮想環境専用に設計された手法と機能を使用する必要がある。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2017/03/08/VeeamSoftware10_01.jpg
仮想マシン(VM)をバックアップするのは簡単に思えるが、実際は思っているよりも難しい。物理サーバーの場合は非常にシンプルで、エージェントをサーバーにインストールして、バックアップ・スケジュールに追加するだけ。ただし、VMを効率よくバックアップするには、仮想環境専用に設計された手法と機能を使用する必要がある。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る