【特別企画】

ミッドレンジストレージの新時代を担う――「Dell EMC PowerStore」が遂にリリース

[2020/06/17 09:00] ブックマーク ブックマーク

2016年9月に行われたDellとEMCの経営統合は、業界を大いに賑わせた。それから約4年が経過した2020年5月、Dell Technologiesとして初めて開発されたストレージアプライアンス「Dell EMC PowerStore(以下、PowerStore)」がリリースされた。PowerStoreはどのような設計思想を持ち、どんなメリットをユーザーにもたらすのか。業界からの注目度が高い同製品の詳細について、Dell Technologiesの担当者とβ検証に携わったノックスのエンジニアのインタビューから紐解いていきたい。

インタビューの全容はダウンロードPDFから参照頂けます。
> > PDFのダウンロードはこちら

Dell EMC PowerStore

Dell EMC PowerStore

コンテナベースのアーキテクチャを採用

PowerStoreは、コンテナベースのアーキテクチャを採用したミッドレンジ向けのストレージアプライアンスだ。NVMe-oFやSCMといった最新技術への対応はもとより、仮想マシンのアプリケーション対応(AppsON)、ビルドイン型機械学習エンジンによる自動配置、エッジからクラウドまであらゆる環境へのデプロイ、無停止でのスケールアウトとスケールアップといった数々のユニークな機能を搭載しているだけでなく、追加コストや追加契約が不要なアップグレードプログラム(Anytime Upgradeプログラム)などが用意されている。

コンテナベースのアーキテクチャが生み出すメリットは、機能の修正や追加が非常に迅速かつ簡単に行える点にある。機能を修正する場合でも、限られた範囲だけ手を入れればよい。修正による影響もすぐに特定できるほか、コンテナ単位でアップグレードできるため、機能追加、変更、アップグレードの影響範囲を最小限に留めることが可能だ。

さらに、新しいアップデートプログラム「Anytime Upgradeプログラム」により、ユーザーは無償で、新しい世代や上位機種へのアップグレード、スケールアウトを行うことができる。コンテナベースのアーキテクチャのほか、ESXiベースのモデルもラインアップされており、ユーザーの多様なニーズに対応することが可能だ。

従来機種と比べて大幅な性能増を実現

高性能なこともPowerStoreの大きな特徴だ。ユニファイドストレージ「Dell EMC Unity XT(以下、Unity)」と比較すると7倍の高速性能、遅延は1/3に抑えることを実現。また、重複排除や圧縮の技術も刷新された。もともと同技術に定評のあったスケールアウト型オールフラッシュアレイ「Dell EMC XtremIO(以下、XtremIO)」と比較しても、より高いデータ削減率を実現している。

こうした機能性、性能の向上は、市場にどんなインパクトを及ぼすのだろうか。ここで、ダウンロードPDFにあるDell Technologies担当者とノックスのエンジニアのコメントを一部紹介したい。

*  *  *

Dell Technologies MDC 事業本部 SE 本部 プリセールスエンジニア 古舘 良則 氏:
ハードウェアによる圧縮などを用いることで最大 20:1 までデータ削減が実現できます。保証という観点では、Unity XT で 3:1 までのデータ削減効果を保証していましたが、PowerStore は 4:1 まで保証されます。

ノックス 技術本部プリセールス部 清家 晋氏:
Unityのようにブロックとファイルを同じように扱える簡単さを備えつつ、XtremIO のように優れた重複排除/ 圧縮技術を持ち、幅広い用途で利用できる製品だと感じました。それでいて、随所に従来製品とは異なる発想や技術でアプローチしていることがみえて、非常におもしろい製品に仕上がっています。

ノックス 技術本部 プリセールス部 小島 和也 氏:
PowerStore は、キャパシティやアラート、スナップショットなどの情報を一目で把握できるように作り込まれています。たとえば、アラートが発生した場合、ワンクリックするだけでアラートの詳細を確認できるので、迅速な調査が可能です。さらに、ファイルシステムや LUN 単位でのパフォーマンスも同一画面から確認できます。管理者のことをよく考え洗練されたデザインです。

PowerStoreとUnityのIOPSを比較

PowerStoreとUnityのIOPSを比較。検証の結果、ライト100%の場合、IOPSの最大は2.6倍。ライト50%リード50%などのパターンでも1.6倍と、大きく向上したことがわかる。

続いてレイテンシーの比較

続いてレイテンシーの比較。いずれの値も非常に短くなっており、実環境でも高い効果が期待できることがわかった。最新のIntelプロセッサやエンドトゥエンドのNVMe、SCMなど、最新のハードウェアアーキテクチャが大きく寄与していると推測できる。

*  *  *

本稿からダウンロードできる資料では、紹介しきれなかったPowerStoreの仕様や、比較検証したノックスの見解などがより詳細に記されている。ミッドレンジ分野の新たな歴史を切り拓くPowerStoreについて、全容をぜひ確認してみてほしい。

ダウンロード資料のご案内

ミッドレンジ分野の新しい扉を開く――
データの価値を引き出すストレージアプライアンス「Dell EMC PowerStore」

>> PDFのダウンロードはこちら

[PR]提供:Dell Technologies、ノックス

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る