【特別企画】

デジタル改革の鍵を握るオールフラッシュストレージ、選択の基準は「性能+安定性」

[2020/05/07 11:55] ブックマーク ブックマーク

ITの進化に伴い、ビジネスで扱うデータの重要性は増す一方となっている。企業に蓄積される膨大なデータを有効活用するには、ITシステムの性能向上が不可欠であり、特にストレージのパフォーマンスは、重要な要素のひとつとしてあげられる。

Dell Technologies「XtremIO」

⇒ PDFのダウンロードはこちら

こうしたなか、多くの企業がオールフラッシュストレージを採用し、データベースや仮想サーバー/仮想デスクトップ基盤の性能向上を図っている。SSDを採用したオールフラッシュストレージはI/Oパフォーマンスに優れ、企業が求める「速さ」に加えTCO削減にも効果を発揮する。

とはいえ、単にHDDからSSDに換装するだけでは、オールフラッシュのメリットを最大限に享受できるわけではない。オールフラッシュ製品を選択する際、「速さ」に加えて考慮すべきポイントは何か。全世界の総販売数が1万4千台(※)を超えるDell Technologiesのオールフラッシュストレージ製品「XtremIO」の特徴を確認すれば、その答えが明らかとなるだろう。

(※)2019年第四半期/IDC調査

オールフラッシュストレージ市場を牽引する「XtremIO」の安定性能

本稿からダウンロードできる資料では、Dell Technologies (EMCジャパン)の担当者に話を伺い、オールフラッシュストレージ市場を牽引する製品であるXtremIOの特徴を改めて紹介。これからのオールフラッシュストレージ選択で重要な指針となる「性能+安定性」についての詳細が解説される。

意外と知られていないSSDの経年劣化や、データの増加に伴う性能低下への対応といった課題には、単にHDDをSSDに換装するだけでは対処が難しい。オールフラッシュを前提に設計されたXtremIOだからこそ実現できた安定性に注目することで、オールフラッシュストレージの課題解決への道筋が見えてくる。効率的で安定したストレージ運用を実現したい企業にとって、本資料は重要な”気づき”を与えてくれるはずだ。

提供レポートのご案内

考えるべきオールフラッシュの基準は「性能+安定性」
XtremIO が国内市場で支持される理由

  • フラッシュに最適化した「XtremIO」のアーキテクチャー
  • 「速さ」だけでなく「安定性」にも注目を

>> PDFのダウンロードはこちら


インテル® Xeon® プロセッサー・スケーラブル・ファミリー

最新のインテル® Xeon® プロセッサー・スケーラブル・ファミリーは、新しいエンタープライズ・アプリケーション、科学技術計算、通信、ストレージ、クラウド、ビッグデータ分析など、さまざまな用途に、性能、電力効率、仮想化、セキュリティーの面で大きなメリットを提供し、IT 部門の課題解決を支援します。Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabookは、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporationの商標です。


[PR]提供:Dell Technologies

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る