【特別企画】

導入の基礎から運用のコツまで - 今すぐ「OpenStack」を使いこなす方法とは?

[2015/03/30 09:58] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

企業がIT基盤を構築する場合、今や「仮想化」や「クラウド」といった技術を検討するのが当たり前となっている。そしてそのITリソースの調達は、用途やライフサイクルを考慮し、自社ですべてを所有する「オンプレミス」と、必要なリソースを必要な期間だけ利用できる「クラウド」を組み合わせることが、常識となりつつある。

また、ハードウェアの性能向上や仮想化技術の進歩に伴い、従来、クラウドベンダーが「パブリッククラウド」として提供していたIaaSやPaaSのようなサービスを自社内でユーザーに対して提供する「プライベートクラウド」を構築するケースも増えている。

こうした環境を実現するためのオープンソースソフトウェア(以下、OSS)は、さまざまなプロジェクトを通じて開発が進められている。クラウド基盤を実現するOSSとして、現在、活発な開発とコミュニティ運営が行われているプロジェクトの1つが「OpenStack」である。

OpenStackの概要と、それによる解決できる問題

OpenStack環境構築をスタートするためのおすすめの構成方法とは?

OpenStackは、OSSプロジェクトとして開発が行われているクラウド基盤ソフトウェアである。現在では200社を超えるITベンダー、ネットサービス企業がコミュニティに参加しており、ユーザー数も急速に拡大している。

そのOpenStackの基礎から、導入の初歩、さらに本番環境を視野に入れたHA(高可用性)構成構築のコツを幅広く情報提供することを目的に活動しているのが、インテル® Xeon® プロセッサーを搭載するx86サーバーSystem xを提供するレノボ・エンタープライズ・ソリューションズ(以下、LES)だ。

LESは、レノボがIBMからx86サーバ(System x)事業を買収したのに合わせ、2014年10月1日付けで国内での営業活動を本格的にスタートした。東京・秋葉原にあるレノボ・エンタープライズ・ソリューションズ・センター(LESC)では、同社のサーバ、ストレージ、ネットワーク、クライアントデバイスを中心とした、エンタープライズシステムのデモおよび検証環境が準備されているほか、専任エンジニアが多数常駐し、技術検証やコンサルテーションを強力に支援している。

OpenStackに関する基礎的な知識はあるものの「次のステップをどう進めればいいか」「本番環境での利用に問題がないか」と不安に感じている方もいるだろう。一口に『OpenStackを動かしたい』というニーズがあったとしても、それに必要なシステム構成には『ステップ』がある。そこで、LESとユニアデックスと共同で策定した、OpenStack環境構築をスタートするためのおすすめの構成が...

<続きはPDFで ⇒ ダウンロードはこちら

OSSクラウド基盤の大本命「OpenStack」 - 導入の基礎から「本番環境」を視野に入れた運用のコツまでを理解する


本稿で紹介している、「OSSクラウド基盤の大本命「OpenStack」 - 導入の基礎から「本番環境」を視野に入れた運用のコツまでを理解する」の、PDF形式のホワイトペーパーを無償で配布しています。

⇒ホワイトペーパーをダウンロード

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
581
2
導入の基礎から運用のコツまで - 今すぐ「OpenStack」を使いこなす方法とは?
2017-09-20 11:19:20
クラウド基盤を実現するOSSとして、現在、活発な開発とコミュニティ運営が行われているプロジェクトの1つが「OpenStack」である。しかし、OpenStackに関する基礎的な知識はあるものの「次のステップをどう進めればいいか」「本番環境での利用に問題がないか」と不安に感じている方もいるだろう。一口に「OpenStackを動かしたい」というニーズがあったとしても、それに必要なシステム構成には「ステップ」がある。どんなニーズに、どのような構成が良いのか、OpenStackの基礎からニーズに応じたハードウェア構成まで理解するためにはどういった手法があるのか。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/29/aaaa/index.iapp.jpg
クラウド基盤を実現するOSSとして、現在、活発な開発とコミュニティ運営が行われているプロジェクトの1つが「OpenStack」である。しかし、OpenStackに関する基礎的な知識はあるものの「次のステップをどう進めればいいか」「本番環境での利用に問題がないか」と不安に感じている方もいるだろう。一口に「OpenStackを動かしたい」というニーズがあったとしても、それに必要なシステム構成には「ステップ」がある。どんなニーズに、どのような構成が良いのか、OpenStackの基礎からニーズに応じたハードウェア構成まで理解するためにはどういった手法があるのか。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る