マイナビニュースマイナビ
【特別企画】

「日本人も外国語ができなくてはならない」は過去のこと? AI翻訳は外国語業務にどこまで通用するのか

[2020/12/15 18:00] ブックマーク ブックマーク

「日本人も外国語ができなくてはならない」は過去のこと?
AI翻訳は外国語業務にどこまで通用するのか
>> 資料ダウンロードはこちら

グローバル化や情報化の加速に伴い、海外の事業者とビジネスを行う機会があらゆる業界に広がっている。ただ、その過程にある商談、監査、契約、納品といったプロセスは、英語を用いて進めることとなる。バイリンガル人材が不足する中、海外とビジネスをしたくても「英語力を持つ人材がいない」と断念するケースは多いだろう。

こうした背景から、AIによって言語を自動翻訳する「AI翻訳」に対して大きな期待が寄せられている。ただ、「AIで本当に実用に足る翻訳ができるのか?」と疑問に感じる方は多いはずだ。結論を言うと、今日のAI翻訳を用いれば英語に精通していなくともスムーズに外国語業務を行うことができる。実際に欧米をはじめとする諸外国ではAI翻訳を外国語業務の主幹に取り入れており、日本においても同じ動きが生まれ始めているのだ。

ダウンロード資料では、国内に4,500社の利用企業を持つAI自動翻訳サービス「T-400」を例にして、今日のAI翻訳で実現できることを解説。これをご覧になれば、下図の “多岐にわたる業務領域” において誰でもAI翻訳を活用できることが感じていただけるはずだ。

AI翻訳を活用した外国語業務例1 AI翻訳を活用した外国語業務例2

外国語業務に携わる方、過去海外とのビジネスを断念した経験のある方には必見の内容となっている。ぜひ手に取ってみてほしい。

ダウンロード資料のご案内
「日本人も外国語ができなくてはならない」は過去のこと?
AI翻訳は外国語業務にどこまで通用するのか
>> 資料ダウンロードはこちら

[PR]提供:ロゼッタ

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る