【特別企画】

テレワークでもパフォーマンスを発揮できる「テレワーク環境ガイド」

[2020/12/11 10:00] ブックマーク ブックマーク

多様な働き方が浸透しつつある昨今では、自宅でも社内と同じパフォーマンスが発揮できる環境の整備が必要不可欠だ。ただ、テレワークに向けたノートPCを配付すれば生産性が高まるかというと、そうとは言えない。例えば、ノートPCのスペックに問題があれば作業効率が落ちるだろうし、使用するヘッドセットの音質が悪ければ1回で言葉が相手に伝わらないかもしれない。

「テレワーク環境ガイド」

「テレワーク環境ガイド」の詳細は、ダウンロード資料を参照されたい。

ただ、悩ましいことに社員の住環境によってテレワークに使用できるスペースや導入できる設備などは異なる。社員のテレワーク環境を一律で同じにすることは困難だ。「社員にテレワーク環境の整備を促したい、でもどんなガイドラインを出すべきか…」こんな悩みを抱える企業は多いのではないだろうか。

そこでおすすめしたいのが、レノボ・ジャパンが提供する「テレワーク環境ガイド」を指標にして環境整備に臨むことだ。同ガイドを参考にすれば、生産性と快適性が高く、社員の間に大きな差がない環境を構築できるだろう。

本稿では「テレワーク環境ガイド」が解説している事項から一部を紹介したい。

レノボ・ジャパン提供資料
テレワーク環境ガイド
> > 資料ダウンロードはこちら

快適なテレワーク環境の構築に必要な5つの要素

レノボ・ジャパンはガイドの中で、生産性を保ち快適に業務を遂行するための環境について、「部屋」「通信環境」「PC」「通話環境」「ディスプレイ」の5点に注目すべきとしている。

1つ目の「部屋」でいえば、可能な限り明暗の対照が少なく、まぶしくならない環境が求められる。まぶしさを感じると、それだけでストレスを感じて業務に集中できないからだ。ディスプレイに太陽光が反射する場合は、ブラインドやカーテンで対策すべきだという。太陽光の射し込み方は時間に応じて変化するが、業務開始から終了まで、一切の不要なストレスを防ぐためにも対策は必須だ。

また、机と椅子は社員の座高に合わせて調節できるものが望ましいとしている。机や椅子の高さが合わない場合、必要以上に疲れを感じたり肩・首のこりの原因になったりする。

「部屋」ひとつとっても、留意すべき事項は多岐に渡る。

「部屋」ひとつとっても、留意すべき事項は多岐に渡る。

資料では、このほかの「通信環境」「PC」「通話環境」「ディスプレイ」についても、生産性を保ち快適に業務を遂行できる環境作りでの留意点や、PCに求められるスペックなどを解説。その中ではレノボ・ジャパンの提供する製品についても紹介している。

*  *  *

テレワークの推進にあたり、仕組みづくりや契約関連の整備に追われ、環境整備にまで手が回らない企業は少なくない。レノボの「テレワーク環境ガイド」は、このような悩みを解消してくれる資料だ。生産性を高め、ストレスなくテレワークができる環境を社員へ提供するためにも、「テレワーク環境ガイド」をぜひ参照してほしい。

ダウンロード資料のご案内

レノボ・ジャパン提供資料
テレワーク環境ガイド

>> 資料ダウンロードはこちら

[PR]提供:レノボ・ジャパン

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る