【特別企画】

IT人材が足りなくてもサービス提供を継続するための、アウトソースという選択肢

[2020/11/04 10:00] ブックマーク ブックマーク

Net Brains Customer Support & Service

情報システムのフル活用をITスペシャリストがサポートする、「Net Brains Customer Support & Service」。詳細はこちらからダウンロードされたい。

IT人材不足が深刻化している。経済産業省は2019年、「IT人材需給に関する調査」の中で2018年段階22万人ものIT人材が不足していることを指摘。2020年に30万人に、2030年には45万人にまでそのギャップが広がっていくとした。

悩ましいのは、ITが、企業においてますますその重要度を高めているという点だ。システムの安定稼働は企業の生産性を大きく左右するし、システムにあるデータを狙った攻撃も後を絶たない。IT管理者は人不足だけでなく、「ITを安定かつセキュアに運用せねばならない」というプレッシャーにも日々さらされている。こうした背景から、情報システムのアウトソースを検討する動きが近年大きく加速していることは想像に難しくない。

注目を集めるITアウトソーシングサービス。数多くのサービスが市場にはあるが、本稿ではその中から、ネットブレインズの提供する「Net Brains Customer Support & Service(以下、NBCSS)」を紹介したい。

情報システムのフル活用をITスペシャリストがサポート
Net Brains Customer Support & Service
> > 資料ダウンロードはこちら

独自ポータルと高い専門性で企業の情報システムをフルサポート

ITアウトソーシングサービスを検討する場合、まず注視すべきは、サービスが持つサポート領域とその専門性だ。企業ごとに利用するITやそこで使用している技術は異なる。「情報システムをアウトソースしたが自社のITに合っていなかったのか上手く機能しなかった。」こういった失敗の声は、意外なことに数多く耳にする。

NBCSSの持つ特徴の1つは、サポート範囲とその専門性だ。下の図にあるすべての領域において、高度な事案に対してスペシャリトが解決、改善予防を実施。万が一インシデントが発生した場合にも即復旧対応、原因究明を行ってくれる。

NBCSSのサポート範囲
NBCSSポータル

同サービスにはもう1つユニークなポイントがある。顧客とネットブレインズとのコミュニケーションプラットフォームとして「NBCSSポータル」を提供する点だ。

右にあるように、「NBCSSポータル」ではよくある問合せとしてFAQを参照できるほか、ソフトウェアライセンスや保守契約状況、過去の対応履歴を一覧で可視化することが可能。台帳管理などを行う必要なく、同ポータル1つでIT管理に必要な情報を統合することができるのだ。煩わしさなくIT管理が行えることは、人不足が叫ばれる今日において非常にありがたい。

*  *  *

市場にあるITアウトソーシングは、決まったサービスだけを提供する「パッケージ型」を採っているケースが少なくない。導入後に「思っていたのと違った」となる場合も多いが、NBCSSは個社ごとにオーダーメイドでサービスを設計するためそういった心配がない。ダウンロード資料ではこの他にも他社サービスと様々な観点から比べた比較を交え、NBCSSの詳細を解説している。独力でのIT管理に限界を抱えている方、現在利用しているITアウトソーシングサービスに課題を抱えている方には、ぜひ手に取ってみることをお勧めする。

ダウンロード資料のご案内

情報システムのフル活用をITスペシャリストがサポート
Net Brains Customer Support & Service

>> 資料ダウンロードはこちら

[PR]提供:ネットブレインズ

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る