【特別企画】

わずか半日で、SaaSと既存システムの連携が完了! 既存システムとの連携を事前検証するサービスも提供

[2014/04/17 14:58] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

クラウドを導入するにあたっては、既存の基幹システムと連携させる作業が必要で、時間もコストもかかる。こうした課題を解決し、迅速かつ安価にSaaSとオンプレミスシステムを連携させられる、新世代システム連携ソリューションに注目が集まっている。

SaaS-オンプレミスのデータが完全リアルタイムで同期

JIECが提供する「Cast Iron クラウド連携サービス」は、まさにこうした課題の解決を目指して開発された、SaaSとオンプレミスシステムとを迅速かつ安価に連携させることができるソリューションである。

このサービスは、IBMが提供するシステム連携ミドルウェア「IBMWebSphere Cast Iron」U(以下、Cast Iron)を使ってSaaS-オンプレミス間連携を実現するというもの。JIEC 基盤エンジニアリング事業部 営業部部長の大山公裕氏によれば、Cast Ironを使った連携は一般的な連携ソリューションにはない大きな特徴があるという。

基盤エンジニアリング事業部
営業部 部長 大山公裕氏

「一般的にはバッチ処理でオンプレミスシステムのデータをSaaS側に反映するのですが、これではSaaS上でビジネス情報をリアルタイムに参照できず、現場ユーザーの高度なニーズに応えることができません。しかしCast Ironを使ってオンプレミスとSaaSを連携させると、両者のデータは完全にリアルタイムで同期されます。しかも、これをコーディングレスで極めて簡単に行える点が、Cast Ironの最大の特徴です」

具体的には、各種のSaaSアプリケーションとオンプレミスの基幹システム、それぞれの連携インタフェースを実装した「アダプタ」と呼ばれるモジュールがあらかじめ用意されており、さらにこのアダプタを組み合わせた「TIP」というテンプレートモジュールも多数揃っている。このアダプタとTIPを使うことで、現在、世に出回っている多くのSaaSアプリケーションやオンプレミスのビジネスアプリケーションであれば、簡単かつ迅速に数日でシステム連携を実現できるのだ。

Cast Iron クラウド連携サービス イメージ図

Cast Ironを使ったシステム連携の事前検証サービスを無償提供

Cast Ironのこうした「簡単さ」「早さ」は、システム導入時だけでなく運用時にも大いに威力を発揮するという。

<続きはPDFで ⇒ 無料ホワイトペーパーのダウンロードはこちら

SaaS─オンプレミス連携をわずか半日間で実装可能 - 新世代システム連携ソリューション「Cast Iron クラウド連携サービス」

SaaSとオンプレミスシステムの連携に悩んでいる方は、ぜひご一読をお勧めします。

⇒ホワイトペーパーPDFダウンロード

(マイナビニュース広告企画)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
491
2
わずか半日で、SaaSと既存システムの連携が完了! 既存システムとの連携を事前検証するサービスも提供
2017-09-07 10:49:05
クラウドを導入するにあたっては、既存の基幹システムと連携させる作業が必要で、時間もコストもかかる。こうした課題を解決し、迅速かつ安価にSaaSとオンプレミスシステムを連携させられる、新世代システム連携ソリューションに注目が集まっている。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2014-04-17-002-index.top.jpg
クラウドを導入するにあたっては、既存の基幹システムと連携させる作業が必要で、時間もコストもかかる。こうした課題を解決し、迅速かつ安価にSaaSとオンプレミスシステムを連携させられる、新世代システム連携ソリューションに注目が集まっている。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る