【特別企画】

第一人者に聞く! ビッグデータのビジネス活用の落とし穴 「要はデータ設計にあり」

[2013/08/30 09:43] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

ビッグデータのビジネス活用が叫ばれて久しいが、そのための大量のデータを効率的に蓄積する基盤として注目されているのが分散データベースだ。なかでも、P2Pをベースとしたオープンソースの分散データベース管理システムである「Apache Cassandra(以下、Cassandra)」は、SPOF(単一故障点)が無く、多言語に対応していることなどから高い人気を誇る。

「柔軟かつ可用性の高い優れたデータベースであるCassandraだが、データ設計を誤ればその特性を発揮できなくなってしまうばかりか、パフォーマンスや安定性にも影響を与えることになる」と注意を促すのが、INTHEFORESTの代表取締役社長、冨田和孝氏だ。

そこで、Cassandraの本来の性能を引き出すための"極意"と、導入企業がトラブルに直面した時の対処法などについて、日本におけるCassandraの第一人者でもある同氏に話を聞いた。

<続きはPDFで ⇒ ダウンロードはこちら

注目を浴びるOSS分散データベース「Cassandra」
──導入後のトラブルはこうして防げる!

本稿で紹介している、株式会社 INTHEFORESTによる『注目を浴びるOSS分散データベース「Cassandra」──導入後のトラブルはこうして防げる!』のホワイトペーパーを無料で配布しています。

Cassandraを導入したものの運用に不安を抱える方、もしくはこれからCassandraをビジネスに活用したいと検討している方に、ぜひご一読をお勧めします。

 ⇒PDFダウンロード



この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
402
2
第一人者に聞く! ビッグデータのビジネス活用の落とし穴 「要はデータ設計にあり」
2017-09-07 10:49:21
ビッグデータのビジネス活用が叫ばれて久しいが、そのための大量のデータを効率的に蓄積する基盤として注目されているのが分散データベースだ。なかでも、P2Pをベースとしたオープンソースの分散データベース管理システムであるCassandraは、SPOF(単一故障点)が無く、多言語に対応していることなどから高い人気を誇る。しかし、Cassandraはデータ設計を誤ればその特性を発揮できなくなってしまうばかりか、パフォーマンスや安定性にも影響を与えることになると注意を促すのが、日本におけるCassandraの第一人者である冨田和孝氏だ。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2013-08-30-001-index.top.jpg
ビッグデータのビジネス活用が叫ばれて久しいが、そのための大量のデータを効率的に蓄積する基盤として注目されているのが分散データベースだ。なかでも、P2Pをベースとしたオープンソースの分散データベース管理システムであるCassandraは、SPOF(単一故障点)が無く、多言語に対応していることなどから高い人気を誇る。しかし、Cassandraはデータ設計を誤ればその特性を発揮できなくなってしまうばかりか、パフォーマンスや安定性にも影響を与えることになると注意を促すのが、日本におけるCassandraの第一人者である冨田和孝氏だ。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る