【特別企画】

新OSへの移行は必須! Windows XPのサポート終了を見越したPCリプレースの手引き

[2013/08/01 10:09] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

2014年4月にWindows XPのサポートが終了する。具体的にはマイクロソフトによるセキュリティ更新プログラムが提供されなくなり、有償サポートも受けられなくなる。これはどういうことかというと、Windows XPに脆弱性が発見されてもセキュリティパッチが作成されず、非常に危険な状態にさらされてしまうということである。さらにWindows XPだけでなく、同OS用のアプリケーションやデバイスドライバといった、サードパーティの製品も順次サポートが停止されることが予想される。つまり2014年4月以降、Windows XP環境は企業にとって危険きわまりないシステムとなってしまうのだ。

Windows 7/8への移行は企業にとって急務

こうした危険な状況から脱する解決法は、Windows 7/Windows 8環境に移行することである。これらのOSはサポート期間がまだ続き、その間はマイクロソフトによるセキュリティ更新プログラムが提供される。脆弱性が発見されても危険にさらされる可能性はきわめて小さい。


とはいえ、事業所のPCをすべてリプレースするとなると、経済的にも人材的にも負担がかかる。さらには、新OSに移行したからといって、現在と同じ操作環境が維持できるとは限らない。残された期間中で最適なOS移行を実現するためには、まずは現状を把握して影響範囲を確認し、移行作業の全体を見据える事が必要といえる。そこで配布中の「移行アドバイスガイド 簡単解説!最新OS移行におけるチェックポイント」では、OS移行における「検討フェーズ」「導入フェーズ」「運用フェーズ」それぞれについて、押さえておくべきチェックポイントを解説していく。

<続きはPDFで ⇒ ダウンロードはこちら

「移行アドバイスガイド 簡単解説! 最新OS移行におけるチェックポイント」を無償配布中

最新OS移行の3つのフェーズ「検討フェーズ」「導入フェーズ」「運用フェーズ」。そのそれぞれにおいて押さえておくべきチェックポイントを分かりやすく解説する。OS移行の検討を行う際、是非とも参考にしてほしい。

⇒PDFダウンロード

(マイナビニュース広告企画)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
398
2
新OSへの移行は必須! Windows XPのサポート終了を見越したPCリプレースの手引き
2017-09-07 10:49:21
2014年4月にWindows XPのサポートが終了する。具体的にはマイクロソフトによるセキュリティ更新プログラムが提供されなくなり、有償サポートも受けられなくなる。これはどういうことかというと、Windows XPに脆弱性が発見されてもセキュリティパッチが作成されず、非常に危険な状態にさらされてしまうということである。さらにWindows XPだけでなく、同OS用のアプリケーションやデバイスドライバといった、サードパーティの製品も順次サポートが停止されることが予想される。つまり2014年4月以降、Windows XP環境は企業にとって危険きわまりないシステムとなってしまうのだ。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2013-08-01-002-index.top.jpg
2014年4月にWindows XPのサポートが終了する。具体的にはマイクロソフトによるセキュリティ更新プログラムが提供されなくなり、有償サポートも受けられなくなる。これはどういうことかというと、Windows XPに脆弱性が発見されてもセキュリティパッチが作成されず、非常に危険な状態にさらされてしまうということである。さらにWindows XPだけでなく、同OS用のアプリケーションやデバイスドライバといった、サードパーティの製品も順次サポートが停止されることが予想される。つまり2014年4月以降、Windows XP環境は企業にとって危険きわまりないシステムとなってしまうのだ。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る