【特別企画】

システムの散在がグループの発展を阻む! IT基盤統合実現のポイント

[2017/02/15 10:52] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

加速する業務の効率化。その際に注視されるのが、各部署やグループ会社ごとに様々な業務システムが散在して、業務スピードの減退や管理コストの増加を招いているケース。 本来、「業務のスピードと効率を向上させる存在」であるべき業務システムが、それを妨げる要因となってしまっては本末転倒。

一刻も早く、システムの基盤を統合させ、ガバナンスの強化を実現すべきである。 しかし現実は、それぞれの部署やグループ会社の思惑や都合もあり、なかなか思うように進まないものだ。そのような状況に頭を悩ませているシステム担当の方は、是非とも本ホワイトペーパーをダウンロードしていただきたい。

NTTデータグループの高い技術力と信頼性

ホワイトペーパーにはNTTデータビジネスシステムズによる「NTTデータグループ内にて実践したIT基盤統合」の事例と、そのために必要な主要要件、そして導入の際に考慮すべきポイントなどが、具体的にまとめられている。

NTTデータのグループ会社は、国内外に約80にものぼる。同グループが実践したIT基盤統合の事例ならば、システムの統合やガバナンス強化の問題を抱えている多くの人にヒントを与えることができるだろう。






こんな課題をもつ方におすすめ!

●部門ごとの個別システム一体化して、運用コストを削減したい
●グループ企業、海外拠点のシステムを標準化したい
●新規ビジネスの立ち上げや、低コストで汎用性の高いシステムを構築したい

(マイナビニュース広告企画 : 提供 NTTデータビジネスシステムズ)

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
2439
2
システムの散在がグループの発展を阻む! IT基盤統合実現のポイント
2017-02-15 11:11:03
各部署やグループ会社ごとに様々な業務システムが散在して、業務スピードの減退や管理コストの増加を招いているケース。その解決方法を紹介する。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2017/02/13/nttdata/index.jpg
各部署やグループ会社ごとに様々な業務システムが散在して、業務スピードの減退や管理コストの増加を招いているケース。その解決方法を紹介する。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る