【特別企画】

マイナンバーセキュリティ対策を実現 - 5つの機能で特定個人情報を守る

[2015/10/07 09:00] ブックマーク ブックマーク

セキュリティ

2016年1月から社会保障・税番号制度、いわゆるマイナンバー制度が始まる。しかし、すでに対策を終えているという企業は少数で、大半の企業はこれから急ピッチで対策を講じなければならないというのが実際のところだ。だが、マイナンバー対策に何をすべきか、どこから手を付ければよいか分からないという企業もあるだろう。

そこで本資料では、そんな企業に最適なマイナンバー対応のセキュリティソリューションである、ハンモックの「AssetView」について、その特徴とマイナンバー対応への筋道がコンパクトに集約されている。同製品はもともと、マルウェア対策や不正サイトの遮断といった入口対策から、ファイル暗号化、デバイス管理といった出口対策まで、すべてのセキュリティ対策を包括的に実現するソフトウェアだが、その最新バージョンでは、企業のマイナンバー対応を支援する機能がまとめられているのだ。

またAssetView は、必要な機能だけを個別に導入できる仕組みになっており、他のセキュリティ対策ソフトウェアを導入していても共存させることが可能。そのため、とにかく急いでマイナンバー対応を実現したいという企業には、最適なソリューションと言えるだろう。ガイドラインに則したマイナンバーセキュリティ対策を実現するためにも、ぜひ資料を一読いただきたい。

(マイナビニュース広告企画:提供 ハンモック)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る