【特別企画】

サポート終了後のWindows Server 2003をサイバー攻撃から守るには?

[2014/08/11 09:34] ブックマーク ブックマーク

セキュリティ

2014年4月9日にクライアントOSであるWindows XPのサポートが終了し、セキュリティ更新パッチが提供されなくなったが、続いて2015年7月14日にはサーバOSであるWindows Server 2003の延長サポートも終了する。この延長サポートの終了により、Windows XPと同様にセキュリティ更新パッチが提供されなくなることから、Windows Server 2003を基盤とした企業システムはサイバー攻撃の脅威にさらされる状況になる。

当然ながらWindows Server 2003を利用している企業では、最新のWindowsサーバOSへの移行が必要となる。しかしWindows Server 2003上で基幹システムが稼働している企業では、一朝一夕に最新のWindowsサーバOSに移行することは困難であろう。このような場合に有効なのが、ハミングヘッズのサイバー攻撃対策ソフトウェア「Defense Platform(以下、DeP)」である。

DePは、個人ユーザーや中小規模の企業向けのスタンドアロン製品である「DeP Home Edition」、大企業までをサポートするクライアント/サーバ(C/S)製品である「DeP Business Edition」、情報漏えい対策ソフトSePのオプションである「Defenseオプション」の3製品で構成されている。これにより、1台のWindowsサーバから大規模なC/Sシステム、クラウド環境までの幅広いサイバー攻撃に対応できる。

サポート終了後のWindows Server 2003をサイバー攻撃から守る「Defense Platform」

APIを監視するDePを利用することで、企業システムを0-day攻撃を含めたサイバー攻撃によるシステムの改ざんや情報漏えいから守ることができます。
詳細はホワイトペーパーをダウンロードして、ご確認ください。

⇒ホワイトペーパーをダウンロードする

(マイナビニュース広告企画)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
510
2
サポート終了後のWindows Server 2003をサイバー攻撃から守るには?
2017-09-07 10:49:05
2014年4月9日にクライアントOSであるWindows XPのサポートが終了し、セキュリティ更新パッチが提供されなくなったが、続いて2015年7月14日にはサーバOSであるWindows Server 2003の延長サポートも終了する。この延長サポートの終了により、Windows XPと同様にセキュリティ更新パッチが提供されなくなることから、Windows Server 2003を基盤とした企業システムはサイバー攻撃の脅威にさらされる状況になる。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2014-08-11-001-index.top.jpg
2014年4月9日にクライアントOSであるWindows XPのサポートが終了し、セキュリティ更新パッチが提供されなくなったが、続いて2015年7月14日にはサーバOSであるWindows Server 2003の延長サポートも終了する。この延長サポートの終了により、Windows XPと同様にセキュリティ更新パッチが提供されなくなることから、Windows Server 2003を基盤とした企業システムはサイバー攻撃の脅威にさらされる状況になる。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る