【特別企画】

セキュリティ人材不足に悩む方に朗報 - ファイアウォール内外の通信をセキュアに保つ方法

[2020/07/22 10:00] ブックマーク ブックマーク

「Cisco Umbrella SOCサービス」

「Cisco Umbrella SOCサービス」の詳細は、こちらからダウンロードください。

テレワークの普及は、セキュリティ担当者にとって大きな悩みの種となっている。テレワークの中で、社員は職場以外のあらゆる場所から、様々なデバイスを介して業務を行う。これに伴い、ファイアウォールの内側に注視してきた従来型の対策では、セキュリティを保てなくなっているのだ。

ファイアウォールの外側も監視し、高リスクなイベントがある場合には即座に対処を行う。そのためには新たなシステムを入れなければならないし、運用監視を行うための人材確保も必要だ。しかし、セキュリティ人材の不足が叫ばれるなか、独力でこれを行うには限界がある。本稿では、手間なくファイアウォール内外のインターネット通信をセキュアに保つ方法として、セキュアブレインの「Cisco Umbrella SOCサービス」を紹介したい。

セキュアブレイン 製品紹介
Cisco Umbrella SOCサービス
> > 資料ダウンロードはこちら

手間なくファイアウォール内外のインターネット通信を監視する

Cisco Umbrella SOCサービスは、シスコシステムズ「Cisco Umbrella」にセキュアブレインのSOCサービスを付与したサービスだ。

Cisco Umbrellaは、DNSが行う「名前解決」の仕組みを利用したクラウドセキュリティサービス。プロキシサーバー等を必要とせず、今あるDHCPサーバーやルーター、ファイアウォールのDNS設定を変更するだけで、ファイアウォール内外のインターネット通信を監視することができる。シスコシステムズが保有するネットワーク脅威の専門家集団「Cisco Talos」等の脅威インテリジェントとの連携により、マルウェアや標的型攻撃メール、高リスクなサイトへのアクセスをブロックすることが可能だ。

ただ、当然ながらファイアウォールの外まで見る場合、監視対象は膨大に広がる。見るべきアラートの数が一気に増えた結果、判定すべきことが多すぎて対処しきれない恐れがある。ここで登場するのが、セキュアブレインのSOCサービスだ。下の図にあるように、Cisco Umbrella SOCサービスはCisco Umbrellaが検知するイベントの中で高リスクなものを、リアルタイムでセキュリティ担当者に通知してくれる。

Cisco Umbrella SOCサービスのイメージ図

Cisco Umbrella SOCサービスのイメージ図

*  *  *

本稿からダウンロードできる資料では、Cisco Umbrella SOCサービスの詳細を解説している。テレワークの普及に伴い、セキュリティ担当者の管理対象は広がる一方だ。今ある人的リソースの中で、セキュリティ水準を引き上げていく。そのための有力な策として、資料にある情報を役立ててほしい。

ダウンロード資料のご案内

セキュアブレイン 製品紹介
Cisco Umbrella SOCサービス

>> 資料ダウンロードはこちら

[PR]提供:セキュアブレイン

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る