【特別企画】

便利と安全を両立、モダンマルウェアにも対抗する次世代ファイアウォール

[2013/04/01 07:00] ブックマーク ブックマーク

セキュリティ

「従来型では通用しない新たな脅威にどう対応すべきか? 急増する道なる脅威への対策と処方箋」と題したセミナーが3月12日に開催された。最新の脅威動向と企業が行うべき対策について各分野のエキスパートが語るセミナーで、パロアルトネットワークス マーケティング部長である菅原継顕氏は「モダンマルウェアの脅威と対策~脅威はアプリケーションからやってくる~」と題した講演を行った。

ビジネスパーソンが利用しているツールに潜む危険性

パロアルトネットワークス マーケティング部長 菅原継顕氏

講演の冒頭では、最近話題となった「遠隔操作ウイルス」について解説された。特に紹介されたのが、この事件で活用された「Tor」と「Dropbox」が企業への攻撃に対して使われた場合のリスクについてだ。

「200社の企業のトラフィックの調査を行ったところ、10%からTorの通信が見つかっている。Torを使われると管理者が従業員の通信内容を確認できなくなり、企業として見せたくないWebサイトの閲覧が行われたり、著作権違反のコンテンツダウンロードをされたりしても管理できなくなってしまう。また、ノードモードにすると攻撃の踏み台にされることもある」と菅原氏は語った。

その他さまざまな脅威とその防御方法とは・・・

<続きはPDFで ⇒ ダウンロードはこちら

便利と安全を両立、モダンマルウェアにも対抗する次世代ファイアウォールの記事全文&講演資料PDF無償配布中


パロアルトネットワークス マーケティング部長 菅原継顕氏の講演内容レポート記事全文&講演資料のPDFを無償で配布しています。ビジネスパーソンが利用しているツールに潜む危険性とは? さまざまな脅威を防ぐ高速コンテンツスキャニング、「モダンマルウェア」の防御方法を確認したい方々に、ぜひご一読をお勧めします。

⇒PDFダウンロード

もっと知りたい!こちらもオススメ

【特別企画】メールセキュリティの根幹は堅牢なメールシステムにあり

【特別企画】メールセキュリティの根幹は堅牢なメールシステムにあり

3月12日に開催されたセキュリティセミナー「従来型では通用しない新たな脅威にどう対応すべきか? 急増する道なる脅威への対策と処方箋」において、サイバーソリューションズ 代表取締役社長である秋田健太郎氏は「現場が求める真のメールセキュリティは何だ!?」と題した講演を行った。企業が行うべきセキュリティ対策について各分野のエキスパートが語るセミナーにおいて、秋田氏…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
Kubernetes入門
RPA入門
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る