【特別企画】

「非・標的型攻撃」!? 関係ない組織まで狙うハクティビストの狙いとは?

[2015/11/05 11:56] ブックマーク ブックマーク

ここ最近、空港や出版・メディア関連のWebサイトをダウンさせる攻撃が目立ってきている。ターゲットとされる組織の間に関連性は薄いように見えるが、それこそが攻撃者の狙いである、とも言える。

「ハクティビスト」と呼ばれる、特定のメッセージを世の中に訴求するためにサイバー犯罪を行う集団によるこれらの攻撃は、実は特定の組織を狙っているわけではない。それが、標的型攻撃との大きな違いであり、また、誰もが狙われる可能性を高める要素ともなっている。つまり、ある意味での「非・標的型攻撃」なのだ。

本ドキュメントでは、この秋から国内で多く見られるWebサイトに対する攻撃について、その犯人の目的とメッセージ、具体的な被害について述べる。

詳細はホワイトペーパーで確認可能 ⇒ ダウンロードは以下より

(マイナビニュース広告企画:提供 日本ラドウェア)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る