【特別企画】

プライベートDMPを成功させるビッグデータ統合とは

[2014/11/28 11:30] ブックマーク ブックマーク

マーケティング

プライベートDMPの成功条件は、ビジネスやマーケティングに活用できる多種多様なデータを収集・集約・整備・変換・分析することにある。加えて、そのシステムから得られたビッグインテリジェンス(知見)を、新たなアクションにつなげていく必要がある。

プライベートDMPを構築することで、潜在顧客も含めたあらゆる顧客の属性や行動履歴を把握し、リレーションシップを深めることができる。そこでの成否を分ける重要なポイントは、「有益なデータをできるだけ多く集めること」にあるといって過言ではない。

では、ビッグデータを利用する上で、どんなことを理解しておく必要があるのだろうか。

Variety(データの種類が増加)

多様な情報ソースと接続することで、プライベートDMPはより多くのデータを得ることができ、今まで以上に精度の高いアクションを起こすことが可能となる。

Volume(データ量が増大)

大量データを高速処理することで、Time to Marketの素早い対応が可能となる。

当日の販売実績データ(販売/商品/発注/製造)を分析し、将来の最適な品ぞろえを予測するといった場合、従来のバッチ処理のスピードで行っていたのでは、実際に対応できるのは翌日以降になってしまう。

Velocity(データの発生頻度が増加)

Facebook やTwitterなどのソーシャルメディアで盛り上がっている、消費者の"今"の関心事をシステムに取り込んで分析するには、煩雑な手間を強いられる。したがって今後は、ある程度の自動化が必要になる。

これらの課題を解決するのがオープンソース、オープンビジネスを追求するTalend製品です。DMP基盤に蓄積すべきデータを、必要な場所から、必要な量を、必要なタイミングで収集するとともに、アクションの自動化をサポートします。
Talendの詳細については、ホワイトペーパーをダウンロードして、ご確認ください。

⇒ホワイトペーパーをダウンロード

(マイナビニュース広告企画)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
536
2
プライベートDMPを成功させるビッグデータ統合とは
2017-09-07 10:49:20
プライベートDMPを構築することで、潜在顧客も含めたあらゆる顧客の属性や行動履歴を把握し、リレーションシップを深めることができる。そこでの成否を分ける重要なポイントは、「有益なデータをできるだけ多く集めること」にあるといって過言ではない。では、ビッグデータを利用する上で、どんなことを理解しておく必要があるのだろうか。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2014-11-28-002-index.top.jpg
プライベートDMPを構築することで、潜在顧客も含めたあらゆる顧客の属性や行動履歴を把握し、リレーションシップを深めることができる。そこでの成否を分ける重要なポイントは、「有益なデータをできるだけ多く集めること」にあるといって過言ではない。では、ビッグデータを利用する上で、どんなことを理解しておく必要があるのだろうか。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る