【特別企画】

中堅企業必見! 業界ナンバーワン企業を支える営業管理/顧客管理方法とは?

[2014/08/25 11:30] ブックマーク ブックマーク

マーケティング

企業が成長するために必要不可欠なこと、それは単純に言えば「売上を上げること」そして「継続して買って(使って)いただくこと」である。しかし、顧客に関する情報が誤っていたり、不足していれば、売上を上げることはできないし、顧客への対応が悪ければ、継続して買って(使って)いただくことはない。同様の問題を抱えていたブイキューブだが、「Salesforce」の導入によって大きな変化が現れた。

データ管理のできない社内システムからの脱却

ブイキューブは、テレビ会議・ウェブ会議システムの国内市場において7年連続でシェアナンバーワン、2013年には東証マザーズに上場。4,000社以上の導入実績を誇るなど勢いを見せる企業だ。そんな同社が抱えていたのは、

・営業担当者の売上予測に対する実績を正確に把握できず、月次の着地見込売上速報で約30%の誤差が生じていた。
・既存顧客のサービス利用状況等のデータを管理できず、営業担当者が解約防止のための具体的な活動を行えなかった。
・顧客の声をバラバラに管理していたため、回答までに時間がかかったり、案件を放置してしまったりすることがあった。

というものだ。"営業"という会社の根幹に関わる部分で「データの正確性」の問題、予算と実績との比較困難など管理が脆く仕事にならないほどだったという。CRMの先駆けともいえるSalesforceを導入した結果、情報の入力効率化と可視化によってタイムリーで正確な予算実績管理が可能になり、売上速報の誤差が2%以内に飛躍的に改善。既存顧客の利用状況等をデータベース化し、フォローとサポートを強化することで解約率が前年対比で約30%低下。コールセンターへの問い合わせを、内容の緊急性で色分けをすることで視覚化し、迅速・的確な対応も可能となるなど、顧客満足度も大幅に向上したのだ。

なぜSalesforceを導入することでこのような変化が起きたのか・・・
そのワケとは!? ⇒続きはホワイトペーパーで・・・

見込売上速報の誤差を無くし、顧客への対応力を向上した
Salesforceの活用術とは?

業務システムの見直しを検討している方はもちろん、CRM導入のROIに疑問を持たれている方、CRMのさらなる効果的な活用を考えている方々にも、ぜひともご一読いただきたい内容となっています。 詳細はホワイトペーパーをダウンロードして、ご確認ください。

⇒ホワイトペーパーダウンロードはこちら

(マイナビニュース広告企画)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
513
2
中堅企業必見! 業界ナンバーワン企業を支える営業管理/顧客管理方法とは?
2017-09-07 10:49:05
企業が成長するために必要不可欠なこと、それは単純に言えば「売上を上げること」そして「継続して買って(使って)いただくこと」である。Salesforceを導入する前の課題とその解決後について紹介する。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2014-08-25-002-index.top.jpg
企業が成長するために必要不可欠なこと、それは単純に言えば「売上を上げること」そして「継続して買って(使って)いただくこと」である。Salesforceを導入する前の課題とその解決後について紹介する。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る