【特別企画】

コスト効率52倍、性能6倍!? 進化する仮想化対応ストレージの導入効果まとめ

[2015/07/24 11:10] ブックマーク ブックマーク

サーバ/ストレージ

仮想化環境を支えるストレージの進化はここまでキタ!

  • 一般的なストレージの6倍、既存のハイブリッド型エンタープライズアレイの2倍高速に!
  • 導入およびプロビジョニングのコスト効率が52倍に!
  • 仮想化環境のトラブルシューティングが日単位から分単位に!

→こんな「進化」はしらなかった!
進化する仮想化ストレージのイロハについてはこちらからご確認下さい。


今や、サーバ新設時の導入が当たり前となった仮想化環境。しかし、ストレージにおいては対応技術の開発・普及が遅れており、インフラ全体として見ると、どの企業も仮想化本来のメリットを十分に享受できていないのが現状である。

特に問題となるのが、「頻発するVMからのI/Oアクセス」と「LUN/ボリュームとVMにおける対応の不透明性」だ。前者によりシステム全体の性能が、後者により運用の効率が大幅に低下してしまう。熟練のインフラ管理者なら誰しも首肯する話だろう。

とはいえ、最新のストレージ製品の中には、こうした一連の問題を解決できるものも存在している。当該製品を導入した企業の中には、パフォーマンスを6倍、導入/運用コスト効率を52倍にまで高めた例もあるという。

果たして、従来のストレージと何が異なり、導入効果はどのくらい差があるのか。その答えを、検証環境と調査機関を併せ持つIT専門の第三者機関が資料としてまとめている。

詳細はホワイトペーパーで配布中 ⇒ ダウンロードはこちら
※ダウンロードには会員ログインが必要です。
※個人情報の取り扱いにつきましては、 個人情報の取り扱いページでご確認ください

(マイナビニュース広告企画:提供 ティントリジャパン合同会社)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
609
2
コスト効率52倍、性能6倍!? 進化する仮想化対応ストレージの導入効果まとめ
2017-09-07 10:48:50
一般的なストレージの6倍、既存のハイブリッド型エンタープライズアレイの2倍高速になる、仮想化環境用ストレージとは
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2015-07-24-001-index.top.jpg
一般的なストレージの6倍、既存のハイブリッド型エンタープライズアレイの2倍高速になる、仮想化環境用ストレージとは

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る