【特別企画】

「虎の巻」ココが違う、スマートストレージ! 仮想化環境の運用が劇的にラクになる

[2015/06/22 15:08] ブックマーク ブックマーク

サーバ/ストレージ

汎用ストレージの、仮想化環境における 4つの課題をピックアップ。

  • ストレージを常に監視し、チューニングする必要がある
  • 仮想マシンの稼働状況把握は、管理者の「経験とカン」だけ
  • 常に最高のパフォーマンスを出すには、甚大なコストと労力が必要
  • 導入・運用したいが、ストレージの専任者がいない

→これら4つの問題をカンタンに解決する方法を資料としてまとめた


仮想化ストレージは次のステージへ ‐ キーワードは「仮想化環境・自ら理解・適応」

仮想化環境を構築するには、約5週間かけて仮想化環境の用途や規模に応じた要件ヒアリングやサイジング、セットアップ情報や構築・操作説明など多岐にわたる作業を行っていたため、多くの作業と費用が発生していた。

仮想化[虎の巻]の一部を紹介、仮想化にまつわる情報をお伝えする
詳細はPDF資料でご覧いただきたい
⇒PDFダウンロードはこちらをクリック

また、運用フェーズにおいてもI/Oの監視、仮想マシンの稼働状況の確認、ストレージのチューニングなど常にストレージの状態を監視し人為的に作業をする必要がある。仮想化の本来の目的であるコストカットは可能となったが、その為に新たなコストを生み出している現状がある。

では、何をする事でこの問題が解決できるのかを仮想化用ストレージのプロが「虎の巻」として資料にまとめた。

社内システムのご担当者様は是非一読いただき、今後の参考にしていただければと思う。

詳細はホワイトペーパーで配布中 ⇒ ダウンロードはこちら
※ダウンロードには会員ログインが必要です。
※個人情報の取り扱いにつきましては、 個人情報の取り扱いページでご確認ください

(マイナビニュース広告企画)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
598
2
「虎の巻」ココが違う、スマートストレージ! 仮想化環境の運用が劇的にラクになる
2017-09-07 10:49:19
仮想化環境を構築するには、約5週間かけて仮想化環境の用途や規模に応じた要件ヒアリングやサイジング、セットアップ情報や構築・操作説明など多岐にわたる作業を行っていたため、多くの作業と費用が発生していた。これらの劇的運用ラク術について「虎の巻」としてまとめた
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2015-06-22-004-index.top.jpg
仮想化環境を構築するには、約5週間かけて仮想化環境の用途や規模に応じた要件ヒアリングやサイジング、セットアップ情報や構築・操作説明など多岐にわたる作業を行っていたため、多くの作業と費用が発生していた。これらの劇的運用ラク術について「虎の巻」としてまとめた

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る