マイナビニュースマイナビ
【特別企画】

データの適切な管理・運用を実現する「Dell EMC PowerScale」

[2021/01/26 10:00] ブックマーク ブックマーク

データ管理の課題に対して「Dell EMC PowerScale」はどのような役割を果たすのか

データ管理の課題に対して「Dell EMC PowerScale」はどのような役割を果たすのか。詳細はこちらからダウンロードいただきたい

DX(デジタルトランスフォーメーション)に本腰を入れて取り組む企業が増えている。ただ、これに伴って、データ管理にまつわる課題も企業の中で顕在化してきた。

データはDXやビジネスに不可欠なものだが、昨今のデータ管理は、「非構造化データの増加」「データの分散化」「データの分析への対応」など、IT管理者を悩ませる課題が山積みとなっている。データの適切な管理・運用ができていないと業務に支障をきたすほか、不正アクセスによる情報漏えいといったセキュリティインシデントにもつながりかねない。上に述べた課題解決の重要性は増すばかりだ。

こうした課題を解決するためにデル・テクノロジーズが提案しているのが「Dell EMC PowerScale」である。本稿ではデータ管理の課題に対して「Dell EMC PowerScale」がどのような役割を果たすのか紹介したい。

デル・テクノロジーズ提供ホワイトペーパー
データを活かす「Dell EMC PowerScale」の秘密とは
> > 資料ダウンロードはこちら

データ管理における3つの課題

先述した課題の1つである「非構造化データの増加」は、画像や動画データ、チャットログ、議事録など、さまざまな形式のデータが企業内に溢れていることに起因している。非構造化データは全体の8割以上を占めているとも言われているが、一般的な企業向けストレージでは、ファイルの種類や構造が異なる非構造化データの場合、通常の構造化データと別のストレージに保存しなくてはならない。これが管理を複雑にさせる大きな要因になるわけだが、「Dell EMC PowerScale」は、ファイルの種類やデータ構造が異なっていても多様なデータをまとめて格納が可能。ストレージは最大252ノード、約80PBまで拡張できるほか、容量設計やデータ移行といった作業も必要ない。

続く「データの分散化」だが、この課題はファイルごとで求められるアクセス頻度や保護レベルが異なることを要因に発生している。一般的にはファイルの種類やデータの構造に応じて異なるストレージへ格納しなくてはならないが、これに対して「Dell EMC PowerScale」では、マルチプロトコルへの対応やファイル単位での保護レベル設定、自動階層管理といった機能を組み合わせることで、1つのプラットフォーム上に容易に統合することができる。

「Dell EMC PowerScale」の概要

「Dell EMC PowerScale」の概要。

最後の「データの分析への対応」では、「Dell EMC PowerScale」の備えるマルチプロトコル対応と自動階層管理が大いに役立つ。データの分析・活用にあたっては、まず企業内に存在する様々な種類のデータをいかに集約するか、が鍵となる。「Dell EMC PowerScale」であればあらゆる種類のデータを同一プラットフォーム上に格納できるため「データをどう集約するか」に心を砕くことなく、データの分析・活用に向き合うことができる。また、一般的にストレージ領域は容量単価が高価となるため、データを集約することによるコスト効率を懸念する声も聞かれるが、集約された大容量データは自動階層管理によってデータの使用頻度に応じた適切な領域に保存される。これによりストレージコストの最適化を図ることが可能だ。

*  *  *

データは企業にとって重要な資産であり、厳重な管理・運用が求められる。こちらの記事にもあるが、「Dell EMC PowerScale」は中小企業から大企業まで幅広く対応できるよう、計10モデルがラインアップされている。以下の資料を参考に自社にマッチしたモデルを選定のうえ、ぜひ導入を検討していただきたい。

ダウンロード資料のご案内

デル・テクノロジーズ提供ホワイトペーパー
データを活かす「Dell EMC PowerScale」の秘密とは

>> 資料ダウンロードはこちら

データが内に秘める可能性を解き放つ非構造化データストレージの新たなスタンダード

[PR]提供:デル・テクノロジーズ

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る