【特別企画】

変わったのは製品名だけじゃない。「Isilon」が「PowerScale」になって増した魅力とは?

[2020/10/29 10:00] ブックマーク ブックマーク

「Dell EMC Isilon(以下、Isilon)」は、汎用スケールアウトNASとして企業から高い評価を得る製品だ。長らくIsilonという名称のもとで提供されてきたが、デル・テクノロジーズは2020年6月、同ブランドを「Dell EMC PowerScale(以下、PowerScale)」へと改めた。変わったのは名称だけではない。同社は、リブランドと同時に、エントリー向けの「F200」モデルをラインアップに追加。これにより、“一定規模以上の環境で採用する製品” から “小規模環境からスモールスタート可能な製品” へと進化したのだ。

本稿ではデル・テクノロジーズのまとめたホワイトペーパー「スモールスタートしやすい! 小さく入れて大きく育てる『Dell EMC PowerScale F200』の実力とは?」から、PowerScaleになったことでどんな魅力が増したのかをお伝えしたい。

ホワイトペーパー
スモールスタートしやすい!
小さく入れて大きく育てる「Dell EMC PowerScale F200」の実力とは?
> > 資料ダウンロードはこちら

Dell EMC PowerScale F200

Dell EMC PowerScale F200


PowerScaleがユーザーにもたらす価値とは

PowerScale(旧Isilon)は、ノードを追加してリニアに拡張していくことができるスケールアウトNASだ。ストレージOS「OneFS」によってすべてのデータを1つのボリュームで管理するため、管理工数を上げることなく、数TBから数十PBまでのデータを効率よく取り扱うことが可能。これにより得られる優れた管理性、拡張性は、PowerScaleが提供する最大のユーザーメリットと言える。

ただ、旧Isilonは最小構成が72TBであり、中小規模の環境ではニーズにマッチしないケースも多かった。PowerScaleへとリブランドした意義は、同製品を導入する敷居を大きく引き下げたことにある。PowerScale F200では、3ノード11TBから導入が可能。従来は導入を見送っていたような小規模な環境やスモールスタートのケースにおいても、同製品を採用するという選択肢が生まれたのだ。

エントリー向けモデルの提供により、PowerScaleが活躍するシーンはこれまで以上に広がるだろう。一例として挙げられるのは、VDI基盤としての利用だ。一般的にVDI基盤は、増え続けるデータ容量への対応や移行のしやすさ、管理性の高さが求められる。正にPowerScaleが得意とする領域であり、F200の登場でスモールスタートにも適用可能になったことから、これから導入が広がっていくことは想像に難くない。

*  *  *

IsilonがPowerScaleへ変わったことの意義について簡単に紹介してきた。ダウンロード資料では、デル・テクノロジーズとディストリビューターであるネットワールドの対談を交えながら、PowerScaleが提供するユーザーメリットをより具体的に解説している。インフラ導入に携わる方にはぜひともご覧いただきたい。

ダウンロード資料のご案内

ホワイトペーパー
スモールスタートしやすい!
小さく入れて大きく育てる「Dell EMC PowerScale F200」の実力とは?

>> 資料ダウンロードはこちら

開催告知:Dell Technologies Forum 2020 - Japan

11月27日(金)、Dell Technologies Forumがいよいよ日本でオンライン開催されます。
今までにない新しい発見により、デジタル変革とイノベーションを加速しましょう。

>> 詳細はこちら

関連サイト

PowerScale製品紹介ページ(ネットワールド社)
https://www.networld.co.jp/product/emc/pro_info/powerscale/

PowerScaleデジタル出前勉強会(ネットワールド社)
https://www.networld.co.jp/digital-seminar/de-13/

データが内に秘める可能性を解き放つ非構造化データストレージの新たなスタンダード

[PR]提供:デル・テクノロジーズ

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る