【特別企画】

Dell Technologiesが本格的に取り組む、企業のDXを加速させる「コンテナ」活用とは

[2020/07/29 15:20] ブックマーク ブックマーク

今、コンテナやKubernetesが大きな注目を集めている。一方で、コンテナは「クラウドに特化した技術であり、企業システムには縁遠い」と思われがちだが、それは大きな間違いだ。コンテナ対応を強化した新製品を相次いで発表している「Dell Technologies」のエンジニアも、「コンテナは企業のデジタル変革(DX)に欠かせない要素の1つ」と強調する。ここでは、そんなエンジニアにコンテナの基礎からビジネスへの活用手法までを聞いてみた。

本記事の全容はダウンロードPDFから参照いただけます。

> > PDFのダウンロードはこちら

古くて新しいゆえに、コンテナの捉え方はバラバラ

コンテナを中心としたクラウドネイティブ技術に対しては懸念の声も多い。例えば、長期に安定して動作することを目指す企業システムでは、仕様や機能が激しく変化するクラウドネイティブ技術は適用が難しいという考え方がある。

では、企業は今後コンテナにどう向き合っていけばいいのか。IT担当者の中には「そもそもコンテナとは何か」「Kubernetesとは何をするものなのか」といった疑問を抱く方も多いはずだ。

そこでポイントとなるのが、企業としてコンテナに対する共通理解を持つことだ。コンテナは企業がDXを実現していくための手段の1つ。テクノロジーやツールを導入するだけでなく、組織のカルチャーやソフトウェアが生み出すビジネス価値を考えることが重要になる。さらには、ハイブリッドクラウド環境でコンテナ アプリケーションをスムーズに運用するための最適なITインフラも欠かせない。

市場動向や技術の視点からのコンテナに対するイメージ

DevOpsやアジャイル開発と親和性が高いコンテナ

コンテナは、アプリケーションの実行環境だけを、イメージとしてパッケージングしたもの。仮想マシンと違ってOS部分をホストと共有するため、少ないリソースで稼働でき、起動も高速だ。

このようなコンテナのメリットである「アプリケーションとOSの分離」「イメージ(モジュール)単位の管理」「アプリ展開の柔軟性と俊敏性」「スピード感のある開発の促進」などは、DevOpsやアジャイル開発と親和性が高い……。

コンテナのメリット

コンテナを活用して企業のDXを加速させる

また、VMwareが推進するソフトウェアディファインドデータセンター(SDDC)を容易に構築可能なVMware Cloud Foundation(VCF)と高度に統合されたDell Technologiesのハイパーコンバージドインフラ(HCI)アプライアンス製品「Dell EMC VxRail」(インテル® Xeon®プロセッサーを搭載)もコンテナ対応を強化している。VCFとの組み合わせでVxRailを用いると、オンプレミスとクラウドをまたがったハイブリッドクラウド環境でコンテナアプリケーションをスムーズに運用できる。

Dell TechnologiesのHCI for Hybrid/K8s ポートフォリオ

*  *  *

本稿からダウンロードできる資料では、コンテナの基礎から企業のDXを加速させるための活用方法について、その取り組みを本格化させたDell Technologiesの担当者が詳細に語っている。企業のIT担当、経営層の方には、ぜひご一読いただきたい。

ダウンロード資料のご案内

Dell Technologiesが提唱する
企業のDXを加速させるためのコンテナ活用(基礎編)

>> PDFのダウンロードはこちら

インテル® Xeon® プロセッサー・スケーラブル・ファミリー

最新のインテル® Xeon® プロセッサー・スケーラブル・ファミリーは、新しいエンタープライズ・アプリケーション、科学技術計算、通信、ストレージ、クラウド、ビッグデータ分析など、さまざまな用途に、性能、電力効率、仮想化、セキュリティーの面で大きなメリットを提供し、IT 部門の課題解決を支援します。Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabookは、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporationの商標です。

[PR]提供:Dell Technologies

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る