【特別企画】

実例から学ぶ、テレワーク運用の落とし穴

[2020/07/07 09:00] ブックマーク ブックマーク

業務場所が事務所から自宅へと、会議体が対面からオンラインへと――新型コロナウイルスの影響で、企業活動の “当たり前” は大きく変わった。これを受けて多くのIT担当者が、テレワーク環境の構築に翻弄されたことだろう。ただ、苦労は構築だけに尽きない。業務環境に繋がらない、動作が遅い、利便性が悪い、……こういったリリース後の運用保守にも悩みを抱える担当者は、きっと多いはずだ。

本稿では北海道に拠点を構えるITインフラ専門会社メトリックのホワイトペーパー「実例から学ぶテレワークの落とし穴」から、テレワーク運用にありがちなトラブルとその解消法を、実例と交えてみていきたい。

ホワイトペーパー「実例から学ぶテレワークの落とし穴」
詳細は、ダウンロード資料より参照ください。
> > ダウンロードはこちら

オンライン会議がうまく繋がらない――
生産性を損なう事態の早期解決が望まれたA社のケース

ビジネスチャットやオンライン会議は、テレワークで遠隔にいる社員をつなぐ生命線といえる。テレワーク運用にあたって、こうしたコミュニケーションツールが繋がらない事態に出くわした方は多いのではないだろうか。

メトリックの顧客となるA社も、まさに同じ事態に遭遇していた。同社はコロナウイルスが猛威を振るう前からテレワーク環境を用意しており、オンライン会議も頻繁に行っていた。ただ、コロナ渦で全社的なテレワークを実施したところ、音声が途切れる、会議が切断されるなどの問題が急増したという。社員の生産性を損なう事態であり、一刻も早い解決が望まれた。同社はどのようなプロセスで問題を判別し、事態を解決させたのか。

ケース1. オンライン会議がうまく繋がらない場合の対応例

問題判別
問題の再現とその特定 A社はまず、オンライン会議に参加する社員を「テレワーク組」と「事務所出勤組」に分類。どちらの環境で問題が生じているのかを検証。この結果、事務所のみで問題が再現された
原因の特定 事務所のITインフラに関する調査を実施。この結果、会議時間帯にネットワーク機器のCPU使用率が100%になっていることが判明し、パケットドロップが発生していたことがわかった

解決策
A社は事務所のルーターを上位機種に交換。これにより、オンライン会議の問題は解決された。

VPNを整備したのにセキュリティが全くない――
ブランド失墜を引き起こす事態の解決が望まれたB社のケース

自宅からでもセキュアに作業が行えるよう、テレワーク用にVPN環境を構築した企業は多いだろう。企業内にあるシステムへセキュアにアクセスするためのVPN。しかし、もしもセキュリティが全く機能しなかったとしたらどうなるだろうか。

B社が遭遇したのはそんな事態。同社はこれまでテレワーク環境を整備しておらず、緊急事態宣言に伴い急遽、事務所にある現有資産でVPN環境を構築した。しかし、実際にVPNアクセスを実施したところ、ネットワークセキュリティが全く施されていない環境だった。セキュリティインシデントの発生は、企業ブランドを失墜させる大きな経営リスクである。同社はどのようなプロセスで問題を判別し、事態を解決させたのか。

ケース2. VPN環境にセキュリティが施されていない場合の対応例

問題判別
問題の再現とその特定 B社はデータセンター上で業務システムを運用していた。そこで、同社はまず事務所とデータセンターについて、ファイアウォールのセキュリティポリシーに相違が無いかを調査。この結果、それぞれでポリシーが異なっていることが判明
原因の特定 VPNサーバーは事務所で構築したものであり、ポリシーは事務所に応じたものだった。ただ、VPNクライアントは、データセンターのネットワークに所属している。VPNクライアントに払い出されるIPアドレスがデータセンターのファイアウォールポリシーを考慮していなかったために、ネットワークセキュリティが施されない状態となっていた

解決策
B社はVPNクライアント用のVLANを新設し、同VLAN対してファイアウォールにて事務所用のセキュリティポリシーを適用。セキュリティリスクが発覚する前に事態を鎮静化することができた。

*  *  *

実際に発生したトラブル例を2つ紹介したが、いかがだっただろうか。いずれのケースも、メトリックがインフラ保守として関わることで事態を迅速に解決した例となる。

テレワークは多くの企業にとって “初めての試み” であり、独力では解決が難しいトラブルも多く発生する。ダウンロード資料では、本稿で紹介したケース以外の例も紹介。また、別紙として、テレワーク以外のメトリックの保守サービス事例集についても用意している。本サービスではリモート保守・運用サービスにより幅広い地域に対応しており、全国展開している医療グループも利用しているという。

テレワーク利用時にはITインフラ運用要員の確保も難しいため、その補完としてリモート保守サービスを利用してみるのも手段の一つかもしれない。苦労の末に構築したテレワーク環境。その労力を無駄にしないために、ITインフラ専門会社の保守サービスの活用も視野に入れて滞りない運用を実践してほしい。

ダウンロード資料のご案内

テレワーク トラブルケース集
「実例から学ぶテレワークの落とし穴」

サービス事例集
「メトリック保守サービス事例」

>> PDFのダウンロードはこちら

[PR]提供:メトリック

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る