【特別企画】

ペタバイト級のデータが突きつけるストレージアーキテクチャの刷新

[2014/06/13 08:00] ブックマーク ブックマーク

サーバ/ストレージ

データ量の増大傾向はさらに加速度を増している。企業が扱うべきデータ量も、特に情報系システムで扱う非構造化データを中心に爆発的な増加を続けている。"ビッグデータ"というキーワードに代表されるように、データを分析して知見を引き出す手法が進化し、捨てられていたデータが"宝の山"とみなされるようになった結果、すぐに使うあてのないデータでも消去することは考えられなくなりつつある。

こうした状況で、企業が保有/運用するストレージの総量も増大しつつあるのだが、従来のギガバイト、テラバイトという単位からさらにペタバイトの領域に近づいてくると、従来のストレージシステムでは効率よい対応ができなくなってくる。これは、従来型ストレージアーキテクチャの限界であり、これを乗り越えるためには新しいアーキテクチャへの移行を検討せざるを得ない。

大人数に合わせた移動手段があるのと同じように、ペタバイト級のデータには、それに合わせたインフラ作りが必要

従来型ストレージはペタバイト時代に向けてどのような課題を露呈しつつあるのか、新しいアーキテクチャはその課題をどう解決しているのか。ここでは、Red Hat Storageを例にとってペタバイト時代のストレージシステムのあり方を見ていきたい。

ペタバイト級のデータは目前に迫っている!

ペタバイト級ストレージの持つメリットやコスト構造、"低コスト体質"を実現するRed Hat Storageとx86サーバについてご紹介しているホワイトペーパーは、以下よりダウンロードいただけます。
Red Hat Storageパートナー各社が提供しているサービス概要もご確認いただけます。

⇒ホワイトペーパーをダウンロードする

(マイナビニュース広告企画)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
500
2
ペタバイト級のデータが突きつけるストレージアーキテクチャの刷新
2017-09-07 10:49:05
企業が扱うべきデータ量は、特に情報系システムで扱う非構造化データを中心に爆発的な増加を続けている。"ビッグデータ"というキーワードに代表されるように、データを分析して知見を引き出す手法が進化し、捨てられていたデータが"宝の山"とみなされるようになった結果、すぐに使うあてのないデータでも消去することは考えられなくなりつつある。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2014-06-13-001-index.top.jpg
企業が扱うべきデータ量は、特に情報系システムで扱う非構造化データを中心に爆発的な増加を続けている。"ビッグデータ"というキーワードに代表されるように、データを分析して知見を引き出す手法が進化し、捨てられていたデータが"宝の山"とみなされるようになった結果、すぐに使うあてのないデータでも消去することは考えられなくなりつつある。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る