【特別企画】

アマゾン ウェブ サービス対応のRed Hat Storageで企業アプリをクラウドに

[2014/02/28 08:00] ブックマーク ブックマーク

サーバ/ストレージ

サーバの仮想化は既に一般的な技術となっており、クラウド事業者などによるIaaSのサービスも手軽に利用できる環境が整っている。しかし、これまで内部のデータセンターなどで運用してきたアプリケーションをそのままクラウドに移行できるとは限らない。場合によってはストレージが足かせになることもある。

クラウドストレージを利用するには、アプリケーションの改修が必要?
改修を始めるその前に...

本記事では触れられていないREST対応不要な「Red Hat Storage」に関する詳細情報はホワイトペーパーをダウンロードしてご覧ください。

エンタープライズアプリケーションのクラウド利用にお悩みの方は、ぜひご一読をお勧めします。

⇒ホワイトペーパーダウンロード

標準のIAサーバをストレージ化

レッドハット株式会社 製品・ソリューション事業統括本部 ストレージ事業部 事業部長
西山高徳氏

レッドハットが提供するスケールアウトNASソリューション「Red Hat Storage」は、標準的なIAサーバをストレージ化するソフトウェアで、"オープン"なスケールアウトを実現する。

オンプレミス環境で活用するならベアメタルのIAサーバを使う形が一般的だが、クラウド型のIaaSサービスで提供される仮想サーバをストレージ化することも可能なため、クラウド環境にも展開しやすいストレージだと言える。

スケールアウトNASアーキテクチャは、必要に応じて段階的に容量拡張が可能であることも、クラウド環境との親和性を高めるポイントとなっている。サーバの追加が数分単位で可能なIaaSプラットフォームを使えば、まさにいつでも必要な容量を即時に確保できるストレージシステムとして運用可能だ。

アマゾン ウェブ サービス(AWS)を公式サポート

Red Hat Storageは、クラウドサービスとして広く活用されているアマゾン ウェブ サービス(AWS)のサービスにも対応している。Red Hat StorageのシステムイメージがAMI(Amazon Machine Image)として用意されており、「AWSテストドライブプログラム」として5時間まで無償で試すことができる試用サービスも準備されている。

正式に利用開始する場合はBYOL(Bring Your Own License)で、レッドハットとサブスクリプション契約を締結した上でそのライセンスをAWS環境上で運用する、ということになる。

クラウドストレージを利用するには、アプリケーションの改修が必要?
改修を始めるその前に...

本記事では触れられていないREST対応不要な「Red Hat Storage」に関する詳細情報はホワイトペーパーをダウンロードしてご覧ください。

エンタープライズアプリケーションのクラウド利用にお悩みの方は、ぜひご一読をお勧めします。

⇒ホワイトペーパーダウンロード

(マイナビニュース広告企画)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
470
2
アマゾン ウェブ サービス対応のRed Hat Storageで企業アプリをクラウドに
2017-09-07 10:49:06
レッドハットが提供するスケールアウトNASソリューション「Red Hat Storage」は、標準的なIAサーバをストレージ化するソフトウェアで、"オープン"なスケールアウトを実現する。クラウド型のIaaSサービスで提供される仮想サーバをストレージ化することも可能なため、クラウド環境にも展開しやすいストレージだと言える。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2014-02-28-001-index.top.jpg
レッドハットが提供するスケールアウトNASソリューション「Red Hat Storage」は、標準的なIAサーバをストレージ化するソフトウェアで、"オープン"なスケールアウトを実現する。クラウド型のIaaSサービスで提供される仮想サーバをストレージ化することも可能なため、クラウド環境にも展開しやすいストレージだと言える。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る