【特別企画】

導入事例から読み解く、ITインフラ構築におけるオールフラッシュストレージの重要性

[2018/10/05 09:12] ブックマーク ブックマーク

  • サーバ/ストレージ

サーバ/ストレージ

あらゆる業種においてデジタルトランスフォーメーションの波が押しよせている現代において、企業のITインフラに求められるパフォーマンスは加速度的に高まっている。ITインフラを構築するうえで重要な要素となるのは「ストレージ」の選択だ。社内の業務システムや顧客向けのサービスが、より大容量のデータと高速な処理を必要とするようになったことで、ストレージの性能改善も必須となった。今では中堅規模の企業でも、エンタープライズ企業が導入しているハイエンドストレージ製品のパフォーマンスを求めている。

企業がITインフラのストレージソリューションを選択する場合には、パフォーマンスや信頼性、スケーラビリティなどが重要視されるが、中堅・中小規模の企業ならば使いやすさやコストも外せない要素といえる。IT部門の人材不足が問題となっている現状では、柔軟かつシンプルな運用・管理を実現する”使いやすさ”は、エンタープライズクラスの企業においても重要。もちろん、大企業といえどもコストパフォーマンスに優れるストレージソリューションは魅力的な選択肢となる。こうした状況において注目が高まっているのが、性能・可用性・拡張性・運用性といった要件を、コストを抑えて実現できるオールフラッシュストレージ製品だ。

Dell EMCのストレージソリューションが持つ優位性とは

本稿でダウンロードできる資料では、Dell EMCが提供するミッドレンジのオールフラッシュ(ハイブリッドにも対応)ストレージ製品である「Dell EMC Unity」と「Dell EMC SCシリーズ」が企業にもたらすメリットを、導入事例から知ることができる。「Dell EMC Unity」の事例では、顧客向けサービスや社内業務システムを支えるプライベート・クラウド基盤の刷新において採用され、性能改善とコスト削減を実現。ハイエンド製品と同様のアーキテクチャを採用しながらミッドレンジの価格で利用できるコストパフォーマンスの高さや、ディスク増設の作業時間が大幅に減少するなど設計/運用管理の効率化における成果などが確認できる。「Dell EMC SCシリーズ」では、高性能だが高額なライセンス料金が負担となっていた基幹システムの刷新におけるアプリケーションのパフォーマンス劣化を起こすことなくスムーズな移行を実現した事例を紹介。ライセンスコスト・保守コストの大幅な削減や、データベース側に負担をかけないバックアップ環境の構築など、さまざまな成果を確認することができる。

================================================

Dell EMCが提供するミッドレンジのオールフラッシュ製品は、低いエントリー価格と優れたスケーラビリティ、高可用性、強力なパフォーマンス、設置面積と消費電力の縮小といった数多くの特徴を持つが、同製品の優位性はそれだけにとどまらない。資料に同梱されているIDC調査レポートには、稼働しているストレージのログ情報をクラウド上に集約し、パフォーマンスや容量などを元に算出したヘルススコア機能によってストレージの状態を管理するアナリティクスアプリケーション「CloudIQ」や、プロサポート保守契約を購入し、Dell EMCのベストプラクティスガイドラインに沿ってアレイを運用することに同意した企業に提供されるFuture-Proofロイヤリティプログラム(購入後保証)など、他社のソリューションにはない付加価値についても詳細に解説されている。ITインフラの刷新や、それに伴うストレージの選択に頭を悩ませている企業の担当者にとって参考となる情報が満載されているので、ぜひダウンロードして確認していただきたい。

提供資料のご案内

Dell EMCのストレージソリューション

  • 金融の基幹システムで稼働していた
    Oracle Exadataを、
    拡張性とコスト削減を求めて
    オープンな環境に移行
  • 「Dell EMC Unity」オールフラッシュモデルで
    プライベート・クラウド基盤用
    ストレージを刷新
    大幅な性能改善とコスト削減に成功
  • 中堅企業で求められる
    ハイエンドの機能と低価格

>> PDFのダウンロードはこちら



インテル® Xeon® プロセッサー

Intel、インテル、Intelロゴ、Xeon、Xeon Insideは、アメリカ合衆国および/またはその他の国における
Intel Corporationまたはその子会社の商標です。

[PR]提供:Dell EMC

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
4069
2
導入事例から読み解く、ITインフラ構築におけるオールフラッシュストレージの重要性
2018-10-05 09:18:36
あらゆる業種においてデジタルトランスフォーメーションの波が押しよせている現代において、企業のITインフラに求められるパフォーマンスは加速度的に高まっている。ITインフラを構築するうえで重要な要素となるのは「ストレージ」の選択だ。社内の業務システムや顧客向けのサービスが、より大容量のデータと高速な処理を必要とするようになったことで、ストレージの性能改善も必須となった。今では中堅規模の企業でも、エンタープライズ企業が導入しているハイエンドストレージ製品のパフォーマンスを求めている。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2018/09/26/Dell_storage_index.jpg
あらゆる業種においてデジタルトランスフォーメーションの波が押しよせている現代において、企業のITインフラに求められるパフォーマンスは加速度的に高まっている。ITインフラを構築するうえで重要な要素となるのは「ストレージ」の選択だ。社内の業務システムや顧客向けのサービスが、より大容量のデータと高速な処理を必要とするようになったことで、ストレージの性能改善も必須となった。今では中堅規模の企業でも、エンタープライズ企業が導入しているハイエンドストレージ製品のパフォーマンスを求めている。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
クラウドアンケート

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る