【特別企画】

2つの成功事例から見える、デジタルコンテンツ活用の課題を解決するための最適解

[2019/08/20 12:00] ブックマーク ブックマーク

クラウド

Oracle Content and Experienceの柔軟な価格体系が、NTTデータ先端技術株式会社と京成電鉄株式会社ののニーズに合致

⇒ PDFのダウンロードはこちら

デジタルコンテンツを活用してビジネスを展開する場合、多くのケースで課題となるのは「スピード」「コスト」「セキュリティ」だ。

たとえば製品のブランドサイトを立ち上げるケースでは、迅速なサイト構築が必須。コンテンツを持つ現場の担当者と、Web制作を行うエンジニアのやり取りで制作を進めるような従来の方式は時間がかかりすぎるうえ、人的な負担も大きくなるだろう。サイト構築後の柔軟な情報発信を考えると独自サーバーでの運用が理想だが、ここでも時間やコストがかかるという問題が発生する。

また、デジタルコンテンツを外部のパートナーと共有し、刊行物や広報資料などを作成するというケースが増えてきているなか、共有サービスの導入スピード向上やコスト削減は必須。セキュリティの担保も重要な課題となるだろう。

柔軟な料金体系を用意し、スモールスタートに対応するクラウドソリューション

本稿からダウンロードできる資料では、日本オラクルのPaaSソリューション「Oracle Content and Experience」について解説。同ソリューションは、まさに企業と顧客をつなげるWebサイト構築の課題を解決する「Webエクスペリエンス管理」と、デジタルコンテンツ共有の課題を解決する「コンテンツ・コラボレーション」の機能を併せ持っているのが特徴だ。

テンプレートを利用し、営業部門の担当者1人で迅速にWebサイトを構築できた事例や、外部とのデジタルコンテンツ共有の効率化とセキュリティ向上を実現できた事例から、Oracle Content and Experienceのメリットを知ることができる。

どちらの事例も企業と顧客をつなげるためのソリューションを、日本オラクルが提供する柔軟な料金体系が採用の決め手となっており、コストを抑えたスモールスタートでクラウドを活用したい企業には、見逃せない情報が満載な資料といえる。

提供レポートのご案内

Webエクスペリエンス管理(CMS)とファイル共有で拓く新しいビジネスの形

  • 新しいブランドサイトの立ち上げにOracle Content and Experienceを活用
  • 社内外を問わず簡単にファイルを共有できるOracle Content and Experienceを導入
  • スモールスタートに適したオラクルのPaaS/IaaS料金体系

>> PDFのダウンロードはこちら

[PR]提供:日本オラクル

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る