【特別企画】

賢いクラウドの選び方 - 大手クラウドサービスとの比較で分かる「JR」の魅力

[2019/06/11 09:00] ブックマーク ブックマーク

クラウド

クラウド移行の”波”が押し寄せるなか、オンプレミスからの脱却はもはや時代の流れといえる。しかし、社内の基幹システムをはじめ、さまざまな業務アプリケーションを同一のクラウド環境で稼動させることに、不安を感じている人がいるのも事実。絶対に止めることのできないシステムこそ、信頼性の高いクラウド環境を選択しなければならないのだ。

とはいえクラウドには、「パブリックか、プライベートか」「どのサービス・ベンダーを利用すべきか」など、さまざまな選択肢があり、悩んでいる企業も多いのではないだろうか。

JRシステムクラウドサービスと一般的なパブリッククラウドサービスとの比較

⇒ PDFのダウンロードはこちら

本稿ではこの選択肢のひとつとして、JRシステムが提供する「JRシステムクラウドサービス」を紹介する。JRシステムはその名の通り、日本国有鉄道の分割民営化により発足したJRグループの情報通信サービス会社であり、「みどりの窓口」のシステムを開発、運営している企業として知られている。

そんな同社の「JRシステムクラウドサービス」は、24時間365日対応を求められる企業からの引き合いが多く、万が一のサーバートラブル時の連絡や、ユーザーからの問い合わせは、全て”ヒト”が直接応対してくれる「有人サポート」が特長だ。

しかし、これだけでは「JRシステムクラウドサービス」が採用されている理由としては弱い。それでは、ユーザーはどのような点に魅力を感じているのだろうか。

「JRシステム クラウドサービス」には、他社クラウドサービスとの大きな違いが3つある。

1つ目は「性能保証」。まるでプライベートクラウドのように利用することが可能で、性能を保証しているのだ。2つ目は「定額料金制」。重量課金制が多くを占める既存のクラウドサービスとは、大きな違いといえる。3つ目は……


本稿で提供するPDFでは、「JRシステムクラウドサービス」について、3つの差別化ポイントに加え、2つの信頼ポイントや一般的なパブリッククラウドサービスとの比較などが、わかりやすく解説されている。クラウド移行を検討中の企業のご担当はもちろん、現行のクラウドサービスに課題を抱えている方に、ぜひご一読いただきたい内容となっている。

提供レポートのご案内

賢いクラウドの選び方
─住み分けが必要な時代だからこそ「JR」という選択肢

≪目次≫

  • 信頼性の高いクラウドサービス
  • 3つの差別化ポイント「性能保証」「定額料金制」「可用性」
  • 2つの信頼ポイント”実績”、”堅牢性”
  • 信頼性を求める事業者などから高い需要

>> PDFのダウンロードはこちら

[PR]提供:鉄道情報システム

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る