【特別企画】

人事・労務担当を日々の激務から解放するクラウドサービスとは?

[2019/04/02 21:37] ブックマーク ブックマーク

  • クラウド

クラウド

毎月の給与支払や明細の作成・送付、入退職や異動、昇進などにまつわる事務手続き、そして年末調整など、人事・労務部門の日常は多忙を極める。しかし、昨今の人手不足の折、簡単に増員を図るわけにもいかず、限られたメンバーだけで苦労されているという企業も多いはずだ。その苦労を緩和してくれるソリューションとして、本稿では「SmartHR」を紹介する。

初期投資なしで利用できる多彩な機能、業務効率化の救世主に!

「SmartHR」は人事・労務管理の業務に必要な各種機能と、従業員情報用のデータベースをクラウドベースで提供してくれるサービスだ。専用のサーバを立てたりシステム構築をしたりする必要はなく、初期投資はかからない。

「SmartHR」が生み出す最大のメリットは、業務の効率化だ。たとえば書類の自動作成機能を使えば、給与明細や源泉徴収票、雇用契約書などを間違いなくスピーディに作成でき、しかもWebでの配布が可能になるため、社員それぞれに手渡しするために社内を歩き回ったり、郵送したりする労力と時間が不要になる。

また社員の個人情報や申請書類は、本人が各自のデバイスで入力したデータをネットワーク経由で回収できるため、転記時の入力ミス防止や「手書きの文字が読みにくく、本人に確認する」といった手間も省けるようになる。ハローワークや年金事務所への申請は、Webからの「電子申請」にも対応しており、わざわざ役所に出向かねばならない回数も最小限になる。

さらに、こうした各種手続きに連動してデータベースが自動更新されるので、社員名簿を常に最新の状態に保っておけるというメリットもある。

分かりやすく、具体的な効果も示された資料を配付中

膨大な業務の処理効率を大幅に向上させることができ、導入企業では「労務にかける時間を1/3に短縮」「月80時間の工数削減」などの効果が上がっているという。また紙の申請書類を作成する手間がなくなるため、全社的な生産性向上やコスト削減につながったという事例もあるようだ。

本稿からダウンロードできる資料は「1分でわかるSmartHR」「3分でわかる年末調整」「漫画でわかるSmartHR」の3つがセットになっており、これを読めば「SmartHR」の特長や、実際の導入事例やその効果などを短時間に把握できるようになっている。

働き方改革関連法への対応、改元に伴う書式やシステムの改修など、今年も人事・労務部門にとっては多忙な1年となっている。日常の仕事を効率化し、こうしたイレギュラーな業務にも適切に対応していくためにも、「SmartHR」のようなソリューションの導入を検討してみてはいかがだろうか。

ダウンロード資料のご案内

本稿で取り上げたSmartHRを紹介したホワイトペーパー3点がダウンロードいただけます。いずれも”1分で”“3分で”“マンガで”わかりやすく解説していますので、SmartHRよろしく、ソリューションの良さを簡単につかむことができます。

・1分でわかる! SmartHR

・3分でわかる! ペーパーレス年末調整

・マンガでわかる! SmartHR

>> PDFのダウンロードはこちら

[PR]提供:SmartHR

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る