【特別企画】

次世代ITインフラはどう作る? イチから学ぶOpenStack

[2016/10/31 15:41] ブックマーク ブックマーク

クラウド

クラウド環境を導入する方法はさまざまだが、多様な要件に応えつつ適切に管理・運用されたITインフラを実現するためには、パブリッククラウドだけでは機能や能力が不十分であったり、必要となるコストが見通せずにリスクとなったりするケースもある。そこで現在注目されているのが、プライベートクラウドやパブリッククラウドを効率的かつ、柔軟な運用形態で構築できるクラウド基盤である「OpenStack」だ。

そもそもIT部門は、新しいビジネスの推進を支える役割を果たすべきであり、ITインフラは、そのチャレンジを阻害するようなものであってはならない。OpenStackは、システムの構築も解体も、迅速かつ柔軟に、自由に行える。つまり、限られた時間の中で、より多くのチャレンジを実行できるクラウド環境を構築することで、ビジネスチャレンジに貢献できるのだ。それこそが、OpenStackを選ぶ理由である。

本資料では、OpenStack業界の識者に取材し、実用性や他の仮想化製品との違い、活用方法などについて詳しく解説する。自社に最適なクラウド環境を手に入れるためのノウハウを習得して欲しい。

クラウド環境を導入し、自社の業務改善を検討している経営者、システム担当者は、是非ダウンロードして学んでいただきたい。

こんな課題を持つ担当者におすすめ
→クリックで資料をダウンロード
●OpenStackを改めて学びたい
●新しいITプラットフォームを導入したい
●クラウド構築による業務改善を実現したい

(マイナビニュース広告企画 : 提供 ネットワンシステムズ、シスコシステムズ、ネットアップ)

2036
2
次世代ITインフラはどう作る? イチから学ぶOpenStack
2016-10-31 17:03:02
本記事では、OpenStack業界の識者に取材し、実用性や他の仮想化製品との違い、活用方法などについて詳しく解説する。自社に最適なクラウド環境を手に入れるためのノウハウを習得して欲しい。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/10/31/netapp_index_161031.png
本記事では、OpenStack業界の識者に取材し、実用性や他の仮想化製品との違い、活用方法などについて詳しく解説する。自社に最適なクラウド環境を手に入れるためのノウハウを習得して欲しい。

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る