【特別企画】

理想のハイブリッドクラウドを探せ! 一歩先を見たビジネスプラットフォーム

[2016/10/19 11:16] ブックマーク ブックマーク

クラウド

日本企業の間にもすっかり定着した、オンプレミス/プライベートクラウドとパブリッククラウドを柔軟に組み合わせて連携させる「ハイブリッドクラウド」は、もはや当たり前になったといって過言ではない。
しかし、本当の意味でこのハイブリッド環境を経営の戦力として活用し、ビジネススピードを加速していくためには、一歩先を見たプラットフォームの変革が求められる。その回答の一つを紹介したい。

基幹システムをクラウドへ移行する課題

企業におけるクラウド利用はどんな形で進んでいるのだろうか。少し前までは、Webサイトやメールサーバー、グループウェア、Eコマース、ファイルサーバー、あるいはアプリケーションの開発・テスト環境といった分野での利用が大半を占めていた。

それが現在、ビジネスクリティカルな基幹システムもクラウドに移行するという企業が増え始めている。しかし、基幹システムをクラウドに移行しようとすると、運用上の都合やコンプライアンスなどの観点から、どうしてもオンプレミスに残さなければならないものもある。ビジネスを支える基盤として、IT部門は「持つ」クラウドと「持たない」クラウドをそれぞれの事情に応じて最適に組み合わせていくことが求められるようになっているといえる。

そこで注目されているのが、ハイブリッドクラウドだ。一つまたは複数のパブリッククラウドとプライベートクラウド、オンプレミスのインフラを適材適所で使い分け、システムやデータを連携させるのである。

本書では、オンプレミス/プライベートクラウドとパブリッククラウド間を専用線でつなぎ、統一された運用・仕様のデータ基盤と、それを支える製品・ソリューションについて紹介し、基幹システムをクラウドへ移行する際の課題解決方法を解説する。

自社の基幹システムをクラウドへ移行し、業務改善を検討している経営者、システム担当者は、是非ダウンロードして学んでいただきたい。

こんな課題を持つ担当者におすすめ

クリックで資料をダウンロード
●既存資産とクラウドの価値を生かしたい
●基幹システムをクラウドに移行したい
●ICTによる業務改善を実現したい

(マイナビニュース広告企画 : 提供 JSOL、シスコシステムズ、ネットアップ)

1931
2
理想のハイブリッドクラウドを探せ! 一歩先を見たビジネスプラットフォーム
2016-10-19 11:19:02
日本企業の間にもすっかり定着した、オンプレミス/プライベートクラウドとパブリッククラウドを柔軟に組み合わせて連携させる「ハイブリッドクラウド」は、もはや当たり前になったといって過言ではない。本稿ではその使い方の一つを紹介する。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/10/19/jsol/index.jpg
日本企業の間にもすっかり定着した、オンプレミス/プライベートクラウドとパブリッククラウドを柔軟に組み合わせて連携させる「ハイブリッドクラウド」は、もはや当たり前になったといって過言ではない。本稿ではその使い方の一つを紹介する。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る