【特別企画】

証憑管理が簡単に! 会計経理の負担を軽減する「e文書法 スキャナ保存の規制緩和」とは

[2015/09/29 17:05] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

2015年1月、企業にとって重要な電子帳簿保存法に関する規制緩和が発表されたのをご存じだろうか? 「電子帳簿保存法」が1998年7月に制定され、2005年3月に改正、紙媒体の書類をスキャナで電子化して保存する「スキャナ保存制度」が改正された。2005年以降も法律自体は存在していたが、その手続きが複雑なことや様々な制約が重なったこともあり、承認をうけた企業の件数はわずか130件あまりというのが実情だった。

そこで本資料では、国内シェア・顧客満足度ともにトップクラスのERPベンダー、スーパーストリームの取締役 CTO (最高技術責任者) 山田誠氏に、従来のスキャナ保存制度との変更点や今回の規制緩和で大きく変わる実運用について、話を伺った内容がまとめられている。

内容の一部としては、「重要書類の金額規制の撤廃」や「電子署名は不要」といった変更点が紹介されつつ、実運用時の注意点やメリットが紹介されているといった内容だ。

今回の規制緩和を機に、「そもそも情報収集をしたい」、「会計経理の負担を減らしたい」といった方々には、ぜひともご一読いただき今後の業務に活かしてもらいたい。

(マイナビニュース広告企画:提供 スーパーストリーム)

713
2
証憑管理が簡単に! 会計経理の負担を軽減する「e文書法 スキャナ保存の規制緩和」とは
2016-06-13 11:37:02
2015年1月、企業にとって重要な電子帳簿保存法に関する規制緩和が発表されたのをご存じだろうか? 「電子帳簿保存法」が1998年7月に制定され、2005年3月に改正、紙媒体の書類をスキャナで電子化して保存する「スキャナ保存制度」が改正された。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/29/superstream/index.top.jpg
2015年1月、企業にとって重要な電子帳簿保存法に関する規制緩和が発表されたのをご存じだろうか? 「電子帳簿保存法」が1998年7月に制定され、2005年3月に改正、紙媒体の書類をスキャナで電子化して保存する「スキャナ保存制度」が改正された。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る