【特別企画】

「テキスト比較 フリーソフト」で検索している場合ではない - 新旧対照表の作成から仕様書の改訂まで...プロ仕様ソフトの凄み

[2015/04/14 10:43] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

テキスト比較ツールでこんな「困った」からあなたを解放

  • 顧客向けプレゼン・セミナー資料の改定箇所が分からなくなってしまった
  • 官庁への提出する新旧対照表の体裁を整えるのに手間がかかる
  • 社内仕様書の改訂管理不足で先祖返りしてしまった

→「困った」からあなたを解放する!? テキスト比較ツールについてはこちらからご確認下さい。


提案資料やテキストの改定作業で困るのが「先祖返り」だ。繰り返し作業を行ううちに現在の改定バージョンがいくつなのか、どの箇所を修正したのかなどを失念してしまうことがある。併せて、完成間近で間違いを発見した際は、全て見直さなければいけないこともある。これは会社にとっても作業者個人にとっても、貴重な時間を失う"機会損失"でしかない。

また、フリーツールやOffice Wordの変更履歴の記録を利用することで履歴は確認できるが、修正が多い場合、修正箇所がどれを指し示しているのか、分かりにくいことがある。それが何百ページに渡るものであれば、資料そのものが使いにくい物となるのではないだろうか。

そのような状況を変えるには専用のツールを使う必然性が出てくるケースも少なくないはずだ。どのようなツールを選べばいいのか判断がつきにくい場合は、実践現場で評判が高く、仕様書策定のプロがよく利用しているツールを選択してみるのもひとつの方法だ。 それらのツールはOfficeシリーズWord / Excel / PowerPointにも対応をしているので、企業から個人事業主まで幅広く利用可能だろう。

・新旧文書 Word 版:文章の新旧だけでなく、箇条書きの形式や書式も比較可能
・新旧文書 Excel 版:変更されたセルの一覧表で漏れなく確認
・新旧文書 PwerPoint 版:オブジェクトの追加、移動、文字の編集を確認
詳細を確認したい方はpdfをご覧下さい。※クリックするとダウンロードへ遷移します。

また、この製品の特徴として、サーバーに組み込む事が可能な点もあげられる。Microsoft Office のアドオンとして動作するが、この機能を社内システムに組み入れて運用したい企業用にサーバー版も用意しているため、共同編集などで起こりやすい「先祖返り」もバージョン管理と同時に行えるのが魅力的だ。

では、テキスト比較ツールについて、どのようなビジネスシーンで利用できるのか、また個々で抱えている「困った」を解決するためのヒントをまとめてみた。下記からPDFをダウンロードしてご確認いただきたい。

詳細はホワイトペーパーで配布中 ⇒ ダウンロードはこちら
※ダウンロードには会員ログインが必要です。
※個人情報の取り扱いにつきましては、 個人情報の取り扱いページでご確認ください

(マイナビニュース広告企画: 提供 ヒューリンクス)

586
2
「テキスト比較 フリーソフト」で検索している場合ではない - 新旧対照表の作成から仕様書の改訂まで...プロ仕様ソフトの凄み
2016-06-09 11:53:02
提案資料やテキストの改定作業で困るのが「先祖返り」だ。繰り返し作業を行ううちに現在の改定バージョンがいくつなのか、どの箇所を修正したのかなどを失念してしまうことがある。併せて、完成間近で間違いを発見した際は、全て見直さなければいけないこともある。これは会社にとっても作業者個人にとっても、貴重な時間を失う"機会損失"でしかない。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2015-04-14-001-index.top.jpg
提案資料やテキストの改定作業で困るのが「先祖返り」だ。繰り返し作業を行ううちに現在の改定バージョンがいくつなのか、どの箇所を修正したのかなどを失念してしまうことがある。併せて、完成間近で間違いを発見した際は、全て見直さなければいけないこともある。これは会社にとっても作業者個人にとっても、貴重な時間を失う"機会損失"でしかない。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る