マイナビニュースマイナビ
【特別企画】

[店舗運営向け] 店舗内業務を可視化して実行力を高める方法とは?

[2021/11/02 10:00] ブックマーク ブックマーク

店舗内業務がブラックボックス化しているケース

アルバイトやパートスタッフが中心となる店舗運営は、シフト制でスタッフが毎日変わるために、情報共有やタスクの実行を徹底することが難しい。改善を図ろうとしても、右図(クリックで拡大)にあるように「店舗内業務がブラックボックス化している」ケースが多いためにうまく進めることができないのが実情だ。

もし店舗内業務の可視化や実行力に課題を抱えているならば、ナレッジ・マーチャンワークスの提供する店舗運営マネジメントツール「はたLuck(R)」の採用を検討してみてほしい。同ツールを利用すれば、スタッフへの情報伝達力と店舗内業務の透明性を、飛躍的に高めることができる。本稿では「はたLuck(R)」を利用して業務改善を推進した名鉄レストランの取り組みから、同ツールの持つ有効性についてみていきたい。

ナレッジ・マーチャンワークス提供資料
[導入事例]名鉄レストラン――情報伝達力の向上とシフト管理の見える化で業務改善を実現
[サービス資料]チェーンストア経営のための店舗運営マネジメントツール「はたLuck(R)」
[比較資料]シフト管理ツール比較資料

> > 資料ダウンロードはこちら

店舗業務改善のPDCAを強固にサポート

「はたLuck(R)」は店舗サービス業に特化したマネジメントツールで、スタッフの行動計画を立てる「シフト管理機能」と、スタッフ・SV・本部間のコミュニケーションを支える機能を中核にして、店舗業務改善のPDCAを強固にサポートする。

PDCAサイクルのイメージ
名鉄レストラン

この「はたLuck(R)」を活用して業務改善を推進する1社が、東海エリアにおける高速道路のSA(サービスエリア)を中心にレストランやフードコート等を運営する名鉄レストランだ。

実は、同社は過去、店舗業務の改善を目的に他のITツールを導入したもののスタッフ間に定着せずに運用をやめた経緯を持つ。このため、デジタルを駆使して業務改善に臨むうえでは、スタッフ全員にとって「日常的に使うツール」となることが必須の条件だった。

そこで同社では、細かなものから緊急性の高いものにいたるまで、スタッフに対するすべての「店舗運営に関わる連絡事項」を、「はたLuck(R)」に統一。スタッフが出勤したときに必ず使うツールとすることで、情報伝達力を向上させることに成功している。さらに、「はたLuck(R)」上ではシフトやそこでの行動を可視化することができるため、業務のなかにある改善点を洗い出し、業務改善への対策を講じることも可能になったという。

下のリンクよりダウンロードできる資料では、この名鉄レストランの取り組みについてより詳細に解説している。「はたLuck(R)」のサービス概要や、他のシフト管理ツールと比較した資料も同封しているので、店舗運営に関わる方はぜひ参考にしてみてほしい。

ダウンロード資料のご案内

ナレッジ・マーチャンワークス提供資料
[導入事例]名鉄レストラン――情報伝達力の向上とシフト管理の見える化で業務改善を実現
[サービス資料]チェーンストア経営のための店舗運営マネジメントツール「はたLuck(R)」
[比較資料]シフト管理ツール比較資料

> > 資料ダウンロードはこちら

[PR]提供:ナレッジ・マーチャントワークス

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
ページの先頭に戻る