マイナビニュースマイナビ
【特別企画】

プロジェクト型ビジネスで利益を生み出すための、工数見積手法とは?

[2021/10/28 10:00] ブックマーク ブックマーク

広告、IT、WEB・コンテンツ制作といったプロジェクト型ビジネスを生業とする企業にとって、工数見積の正確性を高めることは、案件ごとの利益を確保するうえで極めて重要なファクターとなる。なぜなら、プロジェクト型ビジネスにおいては、案件にかかる原価のうち少なくない量を、社員などの稼働工数に伴い発生する労務費が占めるからだ。

クリエイティブ業のための工数見積改善マニュアル

正確な工数見積を行う方法とはどのようなものなのか。ダウンロード資料から確認してほしい。

ただ、工数見積の重要度を理解して実際に工数見積に取り組んでみても、「見積った工数と実際の工数がなかなか合致しない」というケースは少なくない。より正確な工数見積を行うためには、見積手法の改善だけでなく、過去実績から工数情報を集計し活用するアプローチが求められる。

本稿ではクラウド型ERPを提供するオロがまとめたホワイトペーパー『クリエイティブ業のための工数見積改善マニュアル』より、工数見積において取り入れるべき新たなアプローチを解説していく。

オロ提供資料
クリエイティブ業のための工数見積改善マニュアル
> > 資料ダウンロードはこちら

工数見積の正確性を高める鍵は、過去実績の集計

「工数見積」と聞くと、成果物を完成させるために必要な作業の分解や工数の算出といった “未来の業務” を計算する作業をイメージするだろう。もちろん、この作業も必要ではあるが、プロジェクトの過程で起こるすべてのことを予測することは困難で、大抵の場合は計算した “未来の業務” と実際の業務との間に大きなギャップが生じる。

オロがホワイトペーパーのなかで提唱するのは、”過去の業務” の情報を工数見積に活用するというアプローチだ。過去実績という「確定した情報」を集積し、さまざまな角度から集計ができる環境を整備する。そうすれば、見積った工数と実際の工数との差異を比較することで見積手法そのものを評価・改善していくことができる。

工数見積もりの手法ごとの特徴

下記リンクからダウンロードできる資料では、集計した実績情報を分析する手法とそこで持つべき視点について、実践例や作業工程のサンプルを交えて解説している。あわせて、「より正確な工数見積」を実現するためのソリューションとして、オロの提供するクラウド型ERP「Reforma PSA」についても紹介。ぜひ手に取っていただき、利益を生み出すための工数見積手法を確立してほしい。

ダウンロード資料のご案内

オロ提供資料
クリエイティブ業のための工数見積改善マニュアル
> > 資料ダウンロードはこちら

[PR]提供:オロ

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
人生を豊かにするパラレルキャリア~VUCA時代に新しい生き方を選ぶ理由とは~
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る