マイナビニュースマイナビ
【特別企画】

担当者視点で解説! 経理業務の負担軽減と内部統制強化を実現するポイントとは

[2018/12/06 08:30] ブックマーク ブックマーク

企業における金銭の流れを管理する経理業務には、ときに複雑な処理を求められるケースがある。たとえば、通常は月末である請求締日を、取引先が決算を控えているため、前倒して対応するといった場面は珍しくないはずだ。経理業務が常に既定の処理で進められるのであれば、担当者もこれまで通りの販売管理システムで問題なく業務を遂行できるかもしれない。しかしながら、取引先によってさまざまな対応を求められるシーンというのは、少ながらず発生してしまうのが経理業務の現実なのである。

本稿では、企業の経理業務を強力にサポートするソリューションとして、富士通マーケティングの販売管理システム「GLOVIA きらら 販売」(以下、『きらら』)をとりあげた資料を紹介する。

販売管理システムに起因する課題を抱えていた卸売会社の実例をベースに解説

営業部門から経営層まで、全社的な業務を支援する「きらら」だが、今回の資料では、卸売業者における経理担当者の視点から見た機能やメリットが紹介されている。

家電関連の卸売会社で経理業務を担当しているA氏は、日ごろの作業でいくつかの課題を抱えていたが、それらはすべて販売管理システムに起因するものだった。具体的には、請求締日の設定が柔軟に行えず頻繁にイレギュラー処理が発生していたり、締め処理の解除が日常的に行われ内部統制の観点から好ましくない状況が続いていたり、帳票入力と入金消込のフローが業務内容に合っていないためミスが発生していたり、といった課題である。

そこでA氏の会社では「きらら」を導入。これにより、柔軟性の高い請求締日の設定で経理担当者の負担が激減するとともに、締め処理の解除が不要になり内部統制を強化、さらには帳票入力にかかる手間や時間を削減して入力ミスも抑制するなど、課題を解決することに成功したのだった。

資料で紹介している課題や成果は実例をベースとして再構成したものであるため、少しでも類似した課題をお持ちならば、ぜひこの資料をダウンロードし、ご一読いただきたい。

提供資料のご案内


スピーディに業務・経営を支援! 高い操作性と将来性を誇る統合基幹業務パッケージ「GLOVIA きらら 販売」
⑫経理業務の負担軽減と内部統制の強化を実現

≪目次≫

  • 【導入前の課題】請求締め日のイレギュラー処理や締め解除の手間が課題に
  • 【導入後の効果①】柔軟性の高い請求締め日の設定で経理担当者の負担が激減
  • 【導入後の効果②】締め処理の解除が不要になり、内部統制も強化された
  • 【導入後の効果③】帳票入力にかかる手間や時間を削減して入力ミスも抑制
  • 【まとめ】

[PR]提供:富士通マーケティング

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る