【特別企画】

『スマートデバイスの操作を見える化』- LanScope An

[2013/04/24 16:44] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

導入したスマートデバイスは活用できていますか? 最新の管理体制

年々増加するスマートデバイスの法人利用。業務の効率化による売上の増加、社員の業務スタイル改善、これまでにない新しいソリューションの創出、目的は様々だろうが、いずれにしてもより良い環境を目指した導入という点は間違いないだろう。

だが、実際に求めていた環境を実現出来ている企業は少ないのではないだろうか。トップダウンで導入したものの管理する手間が増えただけ、売上が向上している気がしない、そもそも導入したデバイスが使われているかどうかも把握が出来ていない。大きな期待と現実の差に苦労している担当者も多いことだろう。

アプリの利用状況を7つのカテゴリ毎に色別で表示

そこで、今回マイナビニュース編集部が試してみたのが「LanScope An」だ。管理ツールで有名なLanScopeシリーズだが、これはただのMDMではなく、生産性向上のヒントをくれる新しいツールとなる可能性を感じた。

最新バージョンにてiOSにも対応し、Androidとの一元管理が実現された本製品。編集部が見たスマートデバイス活用の最前線を是非一読いただきたい。


<続きはPDFで ⇒ LanScope Anのホワイトペーパーはこちら

LanScope Anのホワイトペーパーを無料提供中

⇒PDFダウンロード

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
380
2
『スマートデバイスの操作を見える化』- LanScope An
2017-09-07 10:49:21
今や一人の社員がデスクトップPC、ノートPC、タブレットPC、そしてスマートフォンというように複数のデバイスを使うことが普通になりつつある。年々増加するスマートデバイスの法人利用は、2015年には2010年の約5倍にまで拡大するとの予想だ。しかし、実際の声は少し違う。「経営者からトップダウンでスマートフォンを導入したものの、導入後これといった効果は出ていない。まだまだ活用までには至っておらず、ほとんどの社員が持つだけで満足している」と話す情報システム管理者は多い。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2013-04-24-002-index.top.jpg
今や一人の社員がデスクトップPC、ノートPC、タブレットPC、そしてスマートフォンというように複数のデバイスを使うことが普通になりつつある。年々増加するスマートデバイスの法人利用は、2015年には2010年の約5倍にまで拡大するとの予想だ。しかし、実際の声は少し違う。「経営者からトップダウンでスマートフォンを導入したものの、導入後これといった効果は出ていない。まだまだ活用までには至っておらず、ほとんどの社員が持つだけで満足している」と話す情報システム管理者は多い。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る