【特別企画】

なぜパーソルグループは80TBものデータを効率的に移行できたのか?

[2017/12/28 09:00] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

企業において、ストレージ内に保管されたさまざまなファイルは簡単に捨てられるものではないだろう。日々のビジネス活動で、データファイルは大量に生成され、ストレージに保管されていく。その結果、ストレージは慢性的な容量不足へと陥る。

総合人材サービスの「パーソルホールディングス」(前テンプホールディングス)でも、社名変更を機にオンプレミスで運用していたファイルサーバーをクラウドへと移行する計画を検討していた。そこで、大きな課題として浮き彫りになったのが、”80TB”にもおよぶデータを「どうすれば効率良く移行できるのか」という点だ。本稿で提供するPDFでは、その課題に対して同社がどのように対応をしたのかが明らかにされている。

データ増によるストレージ追加という無限連鎖からの解放を目指して

ストレージの容量を追加しても、また何年後かには足りなくなり、そのたびに容量を追加する……。これではコストも増加する一方だ。そこで同社では、こうした連鎖を断ち切るため、ストレージの可視化と効率的なデータ移行を行うべく、ファイルサーバーをオンプレミスから、容量の追加や削減が柔軟なクラウドへと移行することを決定した。

ZiDOMA dataのファイル分析画面の例。ファイル作成・更新日時を容易に把握することができる

⇒ PDFのダウンロードはこちら

そこで課題として浮かび上がったのが、既存のファイルサーバーに存在する合計80TBにもおよぶデータの移行だ。膨大に膨れ上がったファイルの中には、もはや使わなくなった古いファイルや重複するコピーファイル、所有者不明のファイルなども含まれている。

つまり、まずは不要なデータを削除し、効率的なデータ移行を行う必要があり、そのためにもデータの”可視化”と”分析”が不可欠となる。しかし、それを可能にするファイル管理ツールの大半は、多種多彩な機能を有する総合管理ツールで価格も高価だ。そこで登場するのが「実績と価格」において他製品とは一線を画している、ARアドバンストテクノロジの「ZiDOMA data」である。


本稿で提供するPDFでは、パーソルホールディングスが「ZiDOMA data」を採用した理由や、その機能的特徴、導入後の効果、今後の展望などが、同社の担当者によって詳細に語られている。ストレージの管理やコスト、移行に足踏みをしている企業の方は、ぜひ一読することをオススメしたい。

提供レポートのご案内

ストレージの可視化・分析で
最適かつ効率的なデータ移行を実現

≪目次≫

  • データ増によるストレージ追加という
    無限連鎖からの解放を目指して
  • データファイルの分析と移行を目的に「ZiDOMA data」を採用。
    決め手はズバリ「実績と価格」
  • 分析によってTCOを劇的に削減
  • ストレージの分析による柔軟なファイルサーバーの運用を

>> PDFのダウンロードはこちら

[PR]提供:ARアドバンストテクノロジ

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3354
2
なぜパーソルグループは80TBものデータを効率的に移行できたのか?
2017-12-28 09:03:34
企業において、ストレージ内に保管されたさまざまなファイルは簡単に捨てられるものではないだろう。日々のビジネス活動で、データファイルは大量に生成され、ストレージに保管されていく。その結果、ストレージは慢性的な容量不足へと陥る。総合人材サービスの「パーソルホールディングス」(前テンプホールディングス)でも、社名変更を機にオンプレミスで運用していたファイルサーバーをクラウドへと移行する計画を検討していた。そこで、大きな課題として浮き彫りになったのが、"80TB"にもおよぶデータを「どうすれば効率良く移行できるのか」という点だ。本稿で提供するPDFでは、その課題に対して同社がどのように対応をしたのかが明らかにされている。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2017/12/22/ari_02.jpg
企業において、ストレージ内に保管されたさまざまなファイルは簡単に捨てられるものではないだろう。日々のビジネス活動で、データファイルは大量に生成され、ストレージに保管されていく。その結果、ストレージは慢性的な容量不足へと陥る。総合人材サービスの「パーソルホールディングス」(前テンプホールディングス)でも、社名変更を機にオンプレミスで運用していたファイルサーバーをクラウドへと移行する計画を検討していた。そこで、大きな課題として浮き彫りになったのが、"80TB"にもおよぶデータを「どうすれば効率良く移行できるのか」という点だ。本稿で提供するPDFでは、その課題に対して同社がどのように対応をしたのかが明らかにされている。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
クラウドアンケート

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る