【特別企画】

100TBのバックアップに悩む旭化成ホームズ - デキる担当者が出した指針と解決策とは?

[2015/09/14 08:00] ブックマーク ブックマーク

事業継続

日々の業務で積み重ねられていくデータ。それは企業にとって、重要な資産だ。しかし、そのデータは毎日蓄積されていくため、気づいたときには膨大な量となっている。そのデータを保管しておくにも膨大すぎて時間がかかり、またその間に、ほかの業務に支障をきたしてしまっては意味がない。大手住宅メーカーとして知られる、旭化成ホームズ。同社でも、このデータの保管に頭を悩ませていた。

すぐにデータを戻せないバックアップ体制では意味がない

同社が管理しているのは、住宅メーカー特有の住宅の写真データ、CADデータをはじめとした日々の業務データだ。比較的容量の小さいデータが数多く存在するのが特徴で、年々そのボリュームは増加の一途をたどり、全国総計では100TBに迫る勢いにまでなっていた。通常、それらのデータはサーバディスクに日次に差分バックアップを取得したあと、週次でテープにフルバックアップを取っていたのだが、そのテープバックアップが規定の時間内に終わらなくなってきていた。このままデータが増え続け、万が一、バックアップが完了する前に障害や災害が発生してしまった場合、貴重なデータを失うことになる。バックアップ運用の改善と災害対策を含めた強化が、早急に求められていた。

そこで、まず最初に目指したのが、バックアップ速度の向上だった。同社 情報システム部 課長 明野誠一氏は、「ITリテラシーの高いスタッフが操作できるのは当然です。今までは幸いにも大きな障害は起きていませんが、万が一のとき、操作が難しくてすぐにデータを戻せなくてはバックアップをしている意味がありません」と語る。そして、こうした課題をうけ選ばれたのが、arcserve Japanが提供する「Arcserve UDP」だ。

フルバックアップ時間が1/2以下に短縮! 大幅な改善に成功した、その実力とは?

Arcserve UDPの詳しい内容はこちら⇒ホワイトペーパーをダウンロード

Arcserve UDPの導入により得られた効果。バックアップ時間の短縮やほかにも...

(マイナビニュース広告企画 : 提供 arcserve Japan)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
622
2
100TBのバックアップに悩む旭化成ホームズ - デキる担当者が出した指針と解決策とは?
2017-09-07 10:48:50
日々の業務で積み重ねられていくデータ。それは企業にとって、重要な資産だ。しかし、そのデータは毎日蓄積されていくため、気づいたときには膨大な量となっている。そのデータを保管しておくにも膨大すぎて時間がかかり、またその間に、ほかの業務に支障をきたしてしまっては意味がない。大手住宅メーカーとして知られる、旭化成ホームズは、このデータの保管に頭を悩ませていた。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/29/dddd/call.jpg
日々の業務で積み重ねられていくデータ。それは企業にとって、重要な資産だ。しかし、そのデータは毎日蓄積されていくため、気づいたときには膨大な量となっている。そのデータを保管しておくにも膨大すぎて時間がかかり、またその間に、ほかの業務に支障をきたしてしまっては意味がない。大手住宅メーカーとして知られる、旭化成ホームズは、このデータの保管に頭を悩ませていた。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る