【特別企画】

認知度は高まったが、価値を得る方法が不明! - なぜ進まないビッグデータの活用

[2015/09/17 08:30] ブックマーク ブックマーク

データ分析

データを扱うための"3"つの成功の鍵

  • ビッグデータとビジネスデータの融合
  • エンタープライズデータの統合
  • クラウドの活用

→ビッグデータ分析を「成功」に導くための方法とは


ビッグデータに対する認知度は高まっているが、ビッグデータを実際に活用している企業はまだ非常に少ない状況だ。

ビッグデータをビジネスで活用するためには、収集したビッグデータと既存のビジネスデータを融合する必要がある。だが、ビジネスデータは既存システムの各所に多種多様な形で散在してしまっているケースが多く、ビッグデータとの融合には大きな労力とコストがかかってしまう。これがビッグデータの活用が進まない大きな要因の一つと言われている。

従来のDWH構築のアプローチは、事前に明確にDWHデザインをした上でデータソースからの抽出・加工・ロード(ETL)を定義・実行していくが、活用方法がわからない状況でのデザイン設計は困難と言わざるを得ない。まずは試行錯誤できるような知的インフラが必要になるであろう。

以下のホワイトペーパーには、ビッグデータ活用において大きな課題とされる「ビッグデータとビジネスデータの融合」のためのアプローチについて紹介されている。興味のある方は、是非一度目を通していただきたい。

詳細はホワイトペーパーで配布中 ⇒ ダウンロードはこちら
※ダウンロードには会員ログインが必要です。
※個人情報の取り扱いにつきましては、 個人情報の取り扱いページでご確認ください

(マイナビニュース広告企画:提供 スマートインサイト株式会社)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
731
2
認知度は高まったが、価値を得る方法が不明! - なぜ進まないビッグデータの活用
2017-09-07 10:48:50
ビッグデータを実際に活用している企業はまだまだ少ない。活用方法を紹介。ビッグデータをビジネスで活用するためには、収集したビッグデータと既存のビジネスデータを融合する必要があるが、既存システムの各所に多種多様な形で散在してしまっているケースが多いためデータの融合には大きな労力とコストがかかってしまう。これがビッグデータの活用が進まない要因であり、これを解決するための方法とは何か。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/28/index.iapp.jpg
ビッグデータを実際に活用している企業はまだまだ少ない。活用方法を紹介。ビッグデータをビジネスで活用するためには、収集したビッグデータと既存のビジネスデータを融合する必要があるが、既存システムの各所に多種多様な形で散在してしまっているケースが多いためデータの融合には大きな労力とコストがかかってしまう。これがビッグデータの活用が進まない要因であり、これを解決するための方法とは何か。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る