【特別企画】

最先端アナリティクス技術を活用し、将来視点を組み込んだ金融リスク管理とは?

[2014/11/26 10:00] ブックマーク ブックマーク

データ分析

アナリティクス技術を金融リスク管理に適用-バーゼルIII規制対応のみならず、将来的視点を組み込んだリスク・収益計算が可能-データの統合・整備から、リスク計算・予測、結果の分析・報告まで一連の流れを単一基盤上で提供。

包括的なリスク管理を実現するSASのソリューション、テクノロジーとは

バーゼルIIIやソルベンシーIIなど最新の規制の動向においては、金融機関全体としてどの程度のリスクがあるか、現在のみならず、将来まで含めたリスク総量を正しく把握・予測することが求められている。このように将来を予測し、それをベースに戦略を立てていくことは、実は多くのビジネス分野で実践されてきた共通の重要テーマである。すなわち、すでに確立されたアナリティクス技術を金融機関のリスク管理にも適用することができるのだ。

ポイント
1 最先端のアナリティクスを活用したシミュレーション、将来予測によるリスク管理の「質」の向上
2 データ整備から、リスク計算・予測、結果の分析・報告までの流れを単一のプラットフォーム上で提供し、卓越した「予見力」を実現する「SAS® Business Analytics Framework」
3 包括的なリスク管理を実現するSASのソリューション、テクノロジー

"The Power to Know" (知る力)をスローガンに掲げ、長年にわたり、アナリティクスの分野で世界をリードしてきたSAS Institute。その導入実績は、国内外の製造業や小売、通信、サービスの大手企業から官公庁と全業種にわたり、各業種、業務におけるビジネス課題の解決やビジネス価値の創出を支援してきた。このようにグローバルで豊富な経験と実績を持つSASは、銀行、保険、証券、カードを含む金融業界向けのソリューションでも強みを見せる。その高度な分析・データ管理機能により、海外はもとより、国内の大手金融機関のリスク管理領域の課題解決にも大きな成果をあげているのだ。

SASのリスク管理ソリューションは、データ整備から、リスク・資本計算、予測、結果の分析・報告までを単一のプラットフォームで提供しており、バーゼルIIIやソルベンシーIIなど最新の規制で求められる、将来予測まで含めた統合的なリスク管理の実現を強力に支援している。

リスク基盤プラットフォーム

では、そのテクノロジーの仕組みについては下記からご確認ください。

「最先端アナリティクス技術を活用し、将来視点を組み込んだ金融リスク管理とは?」ホワイトペーパー無償配布中

バーゼルIII規制対応のみならず、将来的視点を組み込んだリスク・収益計算が可能

データの統合・整備から、リスク計算・予測、結果の分析・報告までの一連の流れを単一基盤上で提供

⇒ホワイトペーパーダウンロード

(マイナビニュース広告企画)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
535
2
最先端アナリティクス技術を活用し、将来視点を組み込んだ金融リスク管理とは?
2017-09-20 11:19:20
アナリティクス技術を金融リスク管理に適用-バーゼルIII規制対応のみならず、将来的視点を組み込んだリスク・収益計算が可能-データの統合・整備から、リスク計算・予測、結果の分析・報告まで一連の流れを単一基盤上で提供。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/24/articles-2014-11-26-sas_finance-index.top.jpg
アナリティクス技術を金融リスク管理に適用-バーゼルIII規制対応のみならず、将来的視点を組み込んだリスク・収益計算が可能-データの統合・整備から、リスク計算・予測、結果の分析・報告まで一連の流れを単一基盤上で提供。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る