【特別企画】

AI搭載ロボットの活用事例も! 製造業でのIoT動向をこの1冊に

[2016/12/27 20:00] ブックマーク ブックマーク

データ分析

あらゆるモノに通信機能を与え、計測や制御、検知を行う「IoT」。ここ数年、特に製造業では概念の浸透だけでなく実用化が進んできており、各企業の意識も情報収集から具体的な取り組みを視野に入れたものへと変わってきている。

だが、製造業においてIoTを導入する際に、工場や作業機器にデータを取得するシステムを構築するだけでは不十分。収集したデータの成形や分析が行える環境を整え、常に状況の変化を把握しながらアクションをとることで、はじめてIoTの活用が実現できるからだ。そのためデータ取得の準備はもちろん、適切な情報を分かりやすく出力する分析ツールを備えているかどうかがIoTの導入効果を大きく左右するといえる。

それでは取得するデータが多岐に渡る製造業において、IoTの効果を最大化するためにはどういった分析ツールを選ぶべきなのだろうか。またIoT実現に先進的に取り組む企業はいったいどのような活用方法をとっているのかも気になるところだ。

そこで本稿では、来る2016年11月に行われた「ウイングアークフォーラム 2016」の中からIoTで取得したデータの分析方法と、実際のIoTの導入例を語った2セッションの内容をまとめた資料を紹介する。前者についてはウイングアーク1st BI技術本部の白濱氏が、製造業でIoT環境を構築する際のポイントと、取得したデータの分析方法例を解説している。後者に関しては、トヨタ自動車の一次サプライヤーである小島プレス工業が、IoTを用いた「つながる工場」の実現に取り組む事例を紹介。こちらはAIを搭載したロボットが工場内を動きまわりトラブルの原因特定や部材の受発注処理を行う先進的な内容となっている。

IoTの活用を成功させるための考え方と、実例を1冊で紹介する本資料。IoTによるビジネスの加速を目指す担当者必見の内容となっているので、ダウンロードのうえ、詳細をご確認いただきたい。

(マイナビニュース広告企画:ウイングアーク1st)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る