【特別企画】

「いまさら聞けない」データ分析の総ざらい

[2015/12/04 18:58] ブックマーク ブックマーク

データ分析

データ分析について、こんな疑問を持った事ないですか?

  1. BIとBAの違いって何という方?
  2. データ分析というワードは知ってるが、何を行えばいいのか分からない方
  3. もう1度データ分析を復習したいという方

→データ分析について興味ある方は、ぜひこちらからご確認下さい。

資料ダウンロードはこちら


昨今データ分析が、なぜ求められているのでしょうか。簡単に言えば、従来のような”勘と経験”による判断から、科学的な裏付けに基づいた意思決定やアクションへの転換を図ることにあります。つまり、経験のある「人」依存を無くし、いつでもビジネスに役立てられる仕組みを作るということになります。

ただし、現状では”データ分析”という言葉が1人歩きをしているのが実情だと考えられます。言葉は知っているが、実際に何をしたらいいのか分からない・専門家しか扱えないのではないかという声はよく聞きます。つまり、ネットなどの情報で「データ分析」というトレンドワードなどは情報として入ってくるが、実活用するプロセスは運用したことがないから分からないという方が大半をしめているのではないでしょうか。

そこで、今回はビッグデータ活用に従事しているプロが、データ分析について基礎から再度学べるように資料をまとめました。


また、本資料は12月9日(水)に開催される 「データ分析まるわかりセミナー ~インフラから分析まで~」で活用される物となるので、より知見を高めたい方は同セミナーへ参加してみてはいかがでしょうか。

▽セミナーサイトはこちら
データ分析まるわかりセミナー ~インフラから分析まで~
開催日時:12月9日(水)14:00~17:30(13:30開場)
無料(事前登録制)

(マイナビニュース広告企画:提供 マップアール・テクノロジーズ)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
1082
2
「いまさら聞けない」データ分析の総ざらい
2017-03-01 16:41:04
昨今、「データ分析」の重要性が強く叫ばれています。ただ、それはアナリストやデータ・サイエンティストと呼ばれる"専門家だけが担うことができる難解なもの"という誤解を持たれてはいないでしょうか。データ分析という手法は、ITのパワーを活用することで、どんな企業も導入・実践することができる"現実解"なのです。データ分析とはいかなるものなのか――。ここでは、これからデータ分析を始める方や始めたが、もう一度初歩知識を復習したい方々向けにデータ分析の基本を解説します。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/12/04/dataana.jpg
昨今、「データ分析」の重要性が強く叫ばれています。ただ、それはアナリストやデータ・サイエンティストと呼ばれる"専門家だけが担うことができる難解なもの"という誤解を持たれてはいないでしょうか。データ分析という手法は、ITのパワーを活用することで、どんな企業も導入・実践することができる"現実解"なのです。データ分析とはいかなるものなのか――。ここでは、これからデータ分析を始める方や始めたが、もう一度初歩知識を復習したい方々向けにデータ分析の基本を解説します。

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る