【特別企画】

BIツール選定のための知っておくべき3つの基準

[2015/11/24 16:02] ブックマーク ブックマーク

企業の内外で発生する様々なデータを可視化し、経営や業務に役立てようとするデータ活用ニーズの高まりとともに、BI( Business Intelligence:ビジネスインテリジェンス)ツールの導入を検討する企業が増えている。しかし、市場にあふれる数多くのBIツールの中からどのツールを選べば良いのかわからない、また、BIツールを導入したが定着せず活用が進まないといった声を数多く耳にする。

資料ダウンロードはこちら コラボレーションの参考画像

こうしたことの原因の一つとして、自社の導入目的とBIツールの特徴とのミスマッチが挙げられる。ツール選定者にとって、自社の真の導入目的と数多くのBIツールの特徴を整理し、自社に適したツールを選定することは容易ではない。そこで本資料では、自社に適したBIツールを見極めるための選定軸、さらには、社内外を含む多人数が利用するBIツール(エンタープライズBI)に求められるポイントを考察していく。

(マイナビニュース広告企画:提供 NTTソフトウェア株式会社 / Yellowfin Japan株式会社)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る