マイナビニュースマイナビ
【特別企画】

製造業におけるDXの鍵を握る、"生産管理システムのカイカク"を支援するソリューションとは

[2021/05/31 11:00] ブックマーク ブックマーク

テクノロジーの活用がビジネスに不可欠なものとなった現在、あらゆる業種でデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みが推進されている。

経済産業省が公開したDXレポートの中では「2025年の崖」というキーワードで、老朽化・複雑化したレガシーなITシステムが仕事の業務効率・企業の競争力低下を招くと警鐘を鳴らしており、システムの見直しはまさに喫緊の課題となっている。

製造業のDXのイメージ

中堅・中小製造業においても同様で、多くの企業がDXを推進し、生産性向上や業務効率化を目指している。少子高齢化による就労人口の減少は、製造の現場にも深刻な人手不足を招いており、生産管理システムの見直しはもはや不可欠だ。

ところが製造業では、20年以上前に導入したメインフレームシステムを利用しているケースが多く、経営層、システム管理者、製造現場、会計・購買・人事といったセクションごとに独自のシステム化を進めた結果、データ連携が取れなくなったという企業も少なくない。

製造業の現場で起きているデータ連携の課題

こうした状況に陥った場合には、ブラックボックス化したレガシーシステムの刷新が必要となるが、各セクションのシステムを含め、生産管理に関わるすべてのシステムを変更するのは極めて困難なミッションといえる。

Excelライクなインタフェースで既存システムとの連携も容易!製造業のDX実現を支援する「電脳工場」


製造業におけるDXでは、生産管理システムの”カイゼン”を積み重ねるアプローチが取られることが多いが、効果的なデータ連携を実現するには、レガシーな生産管理システムの刷新にまで踏み込んだ”カイカク”が必要となる。そこで注目したいのが、日立ソリューションズが提供する「Factory-ONE 電脳工場MF+製造業テンプレート」だ。

生産管理システム「電脳工場」と数多くの導入実績から作られた製造業向けテンプレートを組み合わせたソリューションで、企業それぞれに合わせた生産管理システムを短期間で構築可能。Excelのインタフェースで利用することができ、既存システムとの連携も容易なため、生産管理システムの”カイカク”をスムーズに進められる

必要な機能群をテンプレートとして提供

必要な機能群をテンプレートとして提供

本稿からダウンロードできる資料では、「電脳工場+製造業テンプレート」の導入効果について詳細に解説している。3社の導入事例から製造業におけるDXの課題と、同ソリューションの導入によってどのような成果が得られたのかを確認可能。生産計画の精度向上(セクション間のデータ連携)や経営情報の”見える化”などを実現できることがわかる。生産管理システムに”カイカク”を起こすための導入メソッドが知りたい企業は、ぜひダウンロードして詳細を確認していただきたい。

ダウンロード資料のご案内

DXで変わる生産管理システム~生産管理システムのカイゼンからカイカクへ
・製造業で起きているITの活用状況
・導入効果事例
・「Factory-ONE 電脳工場MF+製造業テンプレート」詳細


>> 資料ダウンロードはこちら

[PR]提供:日立ソリューションズ西日本

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る