【特別企画】

クラウド選定の思わぬ落とし穴とは?

[2020/01/10 09:00] ブックマーク ブックマーク

ビジネス環境が激しく変化するなか、俊敏性や拡張性を獲得するべくクラウド移行に取り組む企業が増えている。とりわけ、今日のクラウド移行で多いのは、財務経理や人事給与、生産管理などバックオフィス系システムを対象としたケースだ。

バックオフィス系システムは、SaaS、PaaS、IaaSなど移行先の選択肢が多い。どのクラウドプロバイダーを選択するべきか慎重に検討する必要があり、選択を誤れば下記のような思わぬ落とし穴に落ちてしまう。
 
 
・コスト効果やパフォーマンスが思ったように得られない
クラウドと一言で言ってもサービスごとで仕様やサービスポリシーが大きく異なるため、この辺りを理解せずに移行を進めてしまうと “期待ほどのパフォーマンスが得られない” “想定以上の運用負荷がかかる” といった問題が発生する。

・クラウド環境向けのセキュリティ対策やガバナンスを確立が難しい
オンプレミスでの運用と比べると、社外にデータを置くクラウドは、情報の取り扱いやその管理体系が大きく変わることとなる。ここにあたりセキュリティ対策やガバナンスの確立を困難に感じる企業も多い。

マルチクラウド/ハイブリッドクラウド時代において、クラウドの活用はどんどん複雑化してきている。企業が独力で各種クラウドについて理解しながら過不足なくクラウド移行を進めることは難しいと言えよう。こうした課題を解決するためのソリューションとして、Y2Sが提供する、Microsoft AzureとCommvaultを活用した移行ソリューションがある。

Y2Sは、2011年というクラウド黎明期から、国内においてAzure運用監視サービスを提供してきた。Azure環境の運用管理に豊富な実績を持つとともに、近年はAzureへの移行サービスも強化している。

*  *  *

PDFでは、株式会社Y2SのITサービス部部長 兼松祐吏氏とCommvault Systems Japan カントリー マネージャー 小庭淳氏のインタビューから、先に挙げた課題の詳細とそれをどう解決するべきかを解説している。

Y2Sが提供する移行ソリューションは、既に多くの企業で採用されており、数々のプロジェクトを成功に導いている。クラウド移行は待ったなしの状況だ。落とし穴を避けるだけでなく、移行のその先を見据えた取り組みとしてクラウド化は進めねばならない。そのための有用な情報として、本PDFを参照していただきたい。

ダウンロード資料のご案内

失敗しないクラウド移行のススメ

>> PDFのダウンロードはこちら

[PR]提供:Y2S、ソフトクリエイト

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る