日本トイザらス、AI型ECサイト内検索の「goo Search Solution」を導入 [事例]

[2018/07/18 16:20] ブックマーク ブックマーク

Webサイト構築

NTTレゾナントは7月18日、同社の提供するAI型ECサイト内検索ソリューション「goo Search Solution」が、日本トイザらスが運営する「トイザらス・ベビーザらス オンラインストア」に導入されたと発表した。

オリジナル商品やキャラクター商品、ベビー商品などを扱うトイザらス・ベビーザらス オンラインストアでは、商品検索の際、特にキャラクター商品では名称の入力ミスや略称があるために、ユーザーが求める検索結果にたどり着けないケースがあり、表記ゆれへの対応など、検索精度の向上が求められていた。

goo Search Solutionでは、NTTレゾナントが運営するポータルサイト「goo」が、検索ワードの表記ゆれを判別するために構築した独自の「表記ゆれ辞書」の提供に加えて、ユーザーの検索ログからAIが自動で表記ゆれ辞書を生成し、サイト独自の表記ゆれ辞書を構築/提供する。これにより、あいまいな入力や、サイト内でよくある誤入力でも、目的の商品を検索結果に表示することができるとしている。

「兎」や「ウサギ」で検索した際にも「うさぎ」だと判別し、特別な設定や登録をしなくても、適切な検索結果を表示できるという

また、「キーワードサジェスト」機能では、ユーザーの検索ログに基づき、検索窓に入力された文字に対してリアルタイムで関連するキーワードをサジェスト表示。取扱いのない商品は候補に表示せずに、検索結果にたどり着けるキーワードだけを適切に表示することで、商品の取扱いがないといった要因で検索結果が0件になってしまう「0件ヒット」を大幅に削減し、オンラインでのユーザーの快適な買い物をサポートするとしている。

キーワードサジェストのイメージ

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3892
2
日本トイザらス、AI型ECサイト内検索の「goo Search Solution」を導入 [事例]
NTTレゾナントは7月18日、同社の提供するAI型ECサイト内検索ソリューション「goo Search Solution」が、日本トイザらスが運営する「トイザらス・ベビーザらス オンラインストア」に導入されたと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
NTTレゾナントは7月18日、同社の提供するAI型ECサイト内検索ソリューション「goo Search Solution」が、日本トイザらスが運営する「トイザらス・ベビーザらス オンラインストア」に導入されたと発表した。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
パスワード管理アプリの選び方
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る