図研、ライムライトのCDNとクラウドストレージを導入 - Webアクセスを改善 [事例]

[2017/01/17 14:30] ブックマーク ブックマーク

Webサイト構築

ライムライト・ネットワークス・ジャパンは1月17日、設計ソフトなどの開発・販売を手掛ける図研が、ライムライト・ネットワークスのCDN(Contents Delivery Network)サービスとクラウドストレージを導入したと発表した。

図研では、世界47カ国のユーザーに向けたサポートサイトを運営している。だが、メインのサーバを日本に設置しているため、欧州や米国などからアクセスした際のパフォーマンスの悪さが課題となっていた。

そこで、2012年9月、各国に点在していたサポートサイトのブランドを「Zuken Global Support」に統一したタイミングで、初めてCDNサービスを導入。だが、期待していたパフォーマンスが得られなかったことや、十分なサポートが得られなかったことから、2014年、CDNサービスのリプレースを決定したのだという。

要件として「高速で安定したWebアクセス」と「トラブル時の迅速なサポート対応」の2点を挙げて検討した結果、ライムライト・ネットワークスのCDNサービスおよびクラウドストレージが採用され、2014年8月から運用が開始された。

導入にあたっては、ソフトウェアのダウンロード速度とWebの表示速度が決め手となった。図研が2014年 5月にテスト環境を使って実施した検証では、従来1時間以上かかっていた1GBのデータのダウンロードが、十数分にまで短縮されたという。

また、クラウドストレージの導入により、リージョンごとにコンテンツがコピー・配信されるため、欧州・米国・アジアなどのユーザーが、自身の拠点に近い場所からコンテンツへアクセスできることも評価された。

図研では今後、動画コンテンツの配信が増え始めた同社のコーポレートサイトにもライムライト・ネットワークスのCDNサービスを展開していく計画だとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
2327
2
図研、ライムライトのCDNとクラウドストレージを導入 - Webアクセスを改善 [事例]
ライムライト・ネットワークス・ジャパンは1月17日、設計ソフトなどの開発・販売を手掛ける図研が、ライムライト・ネットワークスのCDN(Contents Delivery Network)サービスとクラウドストレージを導入したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
ライムライト・ネットワークス・ジャパンは1月17日、設計ソフトなどの開発・販売を手掛ける図研が、ライムライト・ネットワークスのCDN(Contents Delivery Network)サービスとクラウドストレージを導入したと発表した。

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る